ニュース
» 2013年06月07日 08時00分 UPDATE

製造ITニュース:世界で最もサプライチェーンがイケてる企業は? ――1位はやっぱりあの会社

米国の調査会社ガートナーは、サプライチェーンの優れた企業を評価する「2013 Supply Chain Top 25」を発表。1位は6年連続で米アップルが獲得した。一方で日本企業はトップ25に1社もランクインしなかった。

[三島一孝,MONOist]
thumbnailapple.jpg

 米国の調査会社ガートナーは2013年5月22日(現地時間)にサプライチェーンの優れた企業を評価する「2013 Supply Chain Top 25」を発表したが、1位は6年連続で米アップルが獲得した。2位は米マクドナルド、3位はAmazon.comとなり、日本企業はランクインしなかった。

 ガートナーが開催するSupply Chain Top 25はサプライチェーンへの取り組みとそのビジネスに与える影響について、理解を深めることを狙いとした調査の一環として行われており、今回で9回目。

 1位は6年連続となるアップル。厳しい局面に立たされつつあるとはいえ、スマートフォン、タブレット市場で引き続き高いシェアを保持し続け、複雑なサプライチェーン管理を実現している。また、多くの部品供給先や中国の製造パートナーとの供給責任における透明性の確保を推進している。

 2位は米マクドナルドで2012年の3位から1つ順位を上げた。また2012年2位だったAmazon.comが1つ順位を下げて、両社が入れ替わった形だ。2012年の10位から4位に大きく順位を上げたのが英/蘭ユニリーバだ。サプライチェーン革新をグローバルで実践し、先進的な手法を取り入れたことが評価を受けた。また5位は米国インテルが2012年7位から入った。一方で日本企業はトップ25に1社も入らない結果となった。

 ガートナーではサプライチェーンについて、古いプッシュ型からグローバルで需要と商品供給の統合を実現し、バリューネットワークの中で収益を生み出す手法へ進化させることを訴えている。

2013 Supply Chain Top 25 ガートナーの発表した「2013 Supply Chain Top 25」(クリックで拡大)

海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.