ニュース
» 2013年06月10日 07時00分 UPDATE

DMS2013開催直前! ブース出展情報:モノづくりを丸ごとサポート!――NEC、「ものづくり共創プログラム」を出展

NECは、「第24回 設計・製造ソリューション展」において、モノづくりのノウハウや業務システムなどを丸ごと提供するソリューション「ものづくり共創プログラム」をメインテーマに据え、業務システムや生産革新活動のノウハウなどを紹介する。

[三島一孝,MONOist]
thumbnailnec.jpg

 NECは、「第24回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2013、2013年6月19〜21日、東京ビッグサイト)で、2012年から展開する製造業向けソリューション「ものづくり共創プログラム」をメインテーマとして訴求する。同社が持つモノづくりのノウハウや業務システムなどを組み合わせ、製造業に最適なソリューションをアピールする。

 同社では、2012年10月からNECが行ってきた生産革新やサプライチェーン改革のノウハウを、「モノづくり・業務プロセス」とそれを支える「ITシステムおよびアセット」という2つの視点から提供するもの。

NEC ものづくり共創プログラム NEC ものづくり共創プログラムのコンセプト(クリックで拡大)

モノづくりを一貫してサポート

同社第一製造業ソリューション事業部販売促進グループ長の関行秀氏 NEC 第一製造業ソリューション事業部販売促進グループ長 関行秀氏

 製造業を取り巻く環境は厳しさを増しているが、グローバル化などで問題が複雑化し解決策を見つけるのが難しい状況になっている。ものづくり共創プログラムでは、モノづくりのプロセス改革やITシステムの導入、コンサルテーションなど、モノづくり革新活動を一環してサポートし、課題の発見や解決策、モノづくりのノウハウ提供までを提供することが特徴だ。部分最適ではなく、企業の全体最適を実現する。

 DMS2013では、このものづくり共創プログラムの中に各展示を組み入れて全体の流れを紹介する。事例の展示やセミナーなどを行う他、コンシェルジュや体験コーナーなども用意。さらに現役の工場メンバーなども説明員に加え、現場の声も取り入れたモノづくりの改善についての情報交換を行う方針だ。

 同社第一製造業ソリューション事業部販売促進グループ長の関行秀氏は「グローバルの最適地生産や品質問題などからモノづくりのオペレーションのさらなる向上へのニーズは高まっている。ものづくり共創プロジェクトも2012年10月の立ち上げから多くの問い合わせが来ており、既にプロジェクト化したものもある。研究会なども用意し、NECのノウハウを基にユーザー企業とともに新たな日本版モノづくりの形を見つけていきたい」と話している。

その他の出展内容

  • Obbligato III:グローバルでの製品競争力を支えるPLMパッケージ
  • IFS:グローバルでモノづくりを支える生産管理システム
  • EXPLANNER/J:業務変革を支える業種別モデルを持つ生産管理システム
  • アジャイル生産管理ソリューション:製造現場の状況を迅速に把握するMES
  • PROCENTER/C:大容量の図面・設計データをセキュアに共有する仕組み
  • 構造設計・開発サービス:シミュレーションに基づく最新の設計・解析(熱、構造、EMC)技術
システムソリューション ものづくり共創プログラムの関連システムソリューション(クリックで拡大)

第24回 設計・製造ソリューション展(DMS2013)

会期 2013年06月19〜6月21日 10:00〜18:00※最終日のみ17:00終了 会場 東京ビッグサイト

NEC ブース情報

東ホール(小間番号:16-18)


第24回 設計・製造ソリューション展特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.