ニュース
» 2013年06月11日 07時00分 UPDATE

PLMニュース:シーメンスPLM、Teamcenterに新たな技術アプローチを採用しアプリ導入を簡易化

シーメンスPLMは、Teamcenterプラットフォームのバージョンとアプリケーションの依存関係を切り離し、プラットフォームをアップグレードすることなく最新アプリケーションの導入を可能とした。

[三島一孝,MONOist]

 シーメンスPLMソフトウェアは、同社のPLMソフト「Teamcenter」において、新たな技術アプローチを採用し、アプリケーションの導入が容易になったという。

 新たな技術アプローチは、Teamcenterにおいてプラットフォームとアプリケーションの依存関係を切り離すもの。プラットフォームとアプリケーションの結合を切り離す疎結合化を実現することで、Teamcenterプラットフォームを特定バージョンにアップグレードやダウングレードすることなく、最新アプリケーションの利用や特定アプリケーションの継続利用が可能となる。

 この技術アプローチは、2013年6月下旬にリリース予定の最新版である「Teamcenter 10」だけでなく、既に以前のバージョンからも採用されており、一部のアプリケーションにおいては、プラットフォームのバージョンに依存しない利用が可能だとしている。

第24回 設計・製造ソリューション展(DMS2013)

会期 2013年6月19〜6月21日 10:00〜18:00※最終日のみ17:00終了

会場 東京ビッグサイト

シーメンスPLMソフトウェア ブース情報

東2ホール(小間番号:18-42 3小間)


第24回 設計・製造ソリューション展特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

「PLMニュース」バックナンバー

世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.