ニュース
» 2013年06月12日 08時00分 UPDATE

DMS2013開催直前! ブース出展情報:ヒストリとノンヒストリを併せ持つ3次元CAD「SolidEdge」を展示――シーメンスPLM

「第24回 設計・製造ソリューション展」のシーメンスPLMブースでは、3D CAD「Solid Edge」を中心に、設計者やエンジニアに何が必要か作業者の視点で考えた“すぐに役立つソリューション”をデモ展示する。

[佐々木千之,MONOist]

 2013年6月19〜21日の3日間、東京ビッグサイトで「第24回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2013)が開催される。

 シーメンスPLMソフトウェア(以下シーメンスPLM)のDMS2013における展示テーマは「Design Better」だ。同社ブースでは、独自のモデリング手法であるシンクロナス・テクノロジーを搭載した3次元CAD「Solid Edge」を中心に、よりよい製品を、より早く、より効率よく開発するために、設計者やエンジニアに何が必要かを作業者の視点で考えた“すぐに役立つソリューション”を実機デモで見せる。

yk_solidedge_dms2013_01.jpg Solid Edgeユーザーが設計した農業機械

 Solid Edgeは直感的な操作性を持ち、さまざまな3次元データ形式に対応する。従来の「ヒストリモデリング」と、作成履歴に依存しない「ノンヒストリモデリング」双方の長所を備え、設計部門の効率向上だけでなく、データを受け取る側の技術・製造部門における3次元データ加工、有限要素解析用モデル作成にも適している。

 最近、3次元CADのメリットが広く認知されるようになったが、一方で履歴をさかのぼる編集のレスポンスの悪さ、「作った人でないと編集できない」といわれる汎用性の悪さなどの欠点が指摘されている。DMS2013においては、Solid Edgeの“直感的な使い勝手”や“高効率な作業を実現する機能”を来場者にアピールしていくという。また、遠隔地とのコラボレーションを想定した「模擬デザインレビュー」のデモも展示する。

第24回 設計・製造ソリューション展(DMS2013)

会期 2013年6月19〜6月21日 10:00〜18:00※最終日のみ17:00終了

会場 東京ビッグサイト

シーメンスPLMソフトウェア ブース情報

東2ホール(小間番号:18-42)


第24回 設計・製造ソリューション展特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.