ニュース
» 2013年06月13日 11時00分 UPDATE

DMS2013開催直前! ブース出展情報:富士通のツールによる「モノを作らないモノづくり」とは

富士通ブースでは、「モノを作らないモノづくりで実現する、循環型社会の新しいモノづくり」をビジョンに、富士通グループのさまざまな製品や事例を展示やデモ、講演で紹介する。

[小林由美,MONOist]

 2013年6月19〜21日の3日間、東京ビッグサイトで「第24回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2013)が開催される。

 富士通ブースでは、ユーザーのビジネスの成長・変革を支える新たなICT(情報通信技術)利活用のあり方について提案するという。「データ衝 〜日本のモノづくりICT〜 新技術創発とモノづくり革新への挑戦」ということで、「モノを作らないモノづくりで実現する、循環型社会の新しいモノづくり」をビジョンに、富士通グループのさまざまな製品や事例を展示やデモ、講演で紹介する。

 製品としては、「モノづくり革新隊」を軸とし、PLM「PLEMIA」、3次元CAD「iCAD」、DMUツール「VPS」、仮想工程計画・生産ラインシミュレータ「GP4」を展示する。

 設計から製造まで3次元をフル活用するデジタルプロセスを実現する「DIPRO VridgeR」、開発プロセス全体の最適化を支援する「NX」「Teamcenter」、モデルベース開発を加速させるメカ/制御連成シミュレーションなど「AEビジネス」にも注目してほしいという。

yk_dms2013_fuj_01.jpg 富士通の展示レイアウト

 また「ホログラムディスプレー」も展示。次世代モノづくりの中での活用法や、富士通での活用事例などを交えながら、「富士通のソリューションが“日本のモノづくり”でどのように生かせるか」をアピールするとのことだ。

 「製造業各社は、依然として極めて厳しい経済環境の中、日本のモノづくりの復権を求め、新たな飛躍に向けた取り組みにまい進されています。私たちは、お客さまを支援することができればという思いで、取り組みのヒントあるいは実現可能となる、各種製品、ソリューションの展示、デモ、講演でお客さまに紹介・提案します。DMSはお客さまに実際のソリューションに触れていただける大切な機会であり、同時にお客さまの課題を生の声として伺うことができる機会と考えています。お客さまのモノづくりがどうあるべきか、お客さまとともに考え、現状からの打開策をご提案できる場であることを期待しています」(同社担当)。

第24回 設計・製造ソリューション展(DMS2013)

会期 2013年6月19〜6月21日 10:00〜18:00※最終日のみ17:00終了

会場 東京ビッグサイト

富士通 ブース情報

東2ホール(小間番号:16-30、15小間)


第24回 設計・製造ソリューション展特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

ものづくり | 富士通 | CAD | 設計 | 3D


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.