ニュース
» 2013年06月17日 10時45分 UPDATE

製造ITニュース:日本企業のグローバル最適地生産を支援――アプリソ、NECとMES導入サービスで協業

アプリソ・ジャパンは、製造オペレーション管理ソフト「FlexNet」についてNECとパートナー契約を結び、共同で拡販活動を進める。日本企業の生産のグローバル最適化へのニーズに応えていく。

[三島一孝,MONOist]
shakehand.jpg

 MES(製造実行管理)などを展開するアプリソ・ジャパンは、NECとパートナー契約を締結し、日本国内で共同で販売を進めることを決めた。今回のパートナー契約により、両社で製造のグローバルオペレーションの最適化を支援していく。

 米アプリソは製造実行管理システム(MES)など製造関連ソフトウェアをグローバルで提供しており、製造オペレーション管理ソフトウェアの「FlexNet」シリーズは、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコやカナダのボンバルディア、米ゼネラル・モーターズなど、多くのグローバル企業が導入。複数製造拠点の生産状況を一括管理できることから、日本企業でもグローバルでの生産体制強化の動きから、導入が進んでいる。

 一方、NECは多くの日本企業を顧客に抱える他、製造業向けにシステムから業務プロセス改革まで、モノづくりの課題を包括的に解決するソリューション「NECものづくり共創プログラム」(関連記事:モノづくりを丸ごとサポート!――NEC、「ものづくり共創プログラム」を出展)などを展開する。

 今回の業務提携により、製造業のグローバル規模でのモノづくりや業務プロセスの改革などからITシステムの導入まで、日本国内のみならず海外にある製造拠点も含めた総合的な支援を提供することが可能となるという。

 なお、米アプリソは仏ダッソー・システムズに買収されることが決まっている(関連記事:ダッソーがアプリソを2億500万ドルで買収――グローバル製造オペレーションの管理を強化)。

海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



「製造ITニュース」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.