ニュース
» 2013年06月28日 08時00分 UPDATE

ハイブリッドの国内導入なんか目じゃない:新型「アクセラ」は待望の小型「アテンザ」か、魂動+SKYACTIVにHUDも搭載 (1/2)

マツダは、2013年秋以降に発売される新型「Mazda3(日本名:アクセラ)」の車両概要を明らかにした。小型「アテンザ」のような「魂動」デザインの外観に加えて、新世代技術「SKYACTIV」の全面採用による大幅な燃費の向上も期待できそうだ。さらに、エンジン始動と同時にポップアップするヘッドアップディスプレイ(HUD)の採用も予定している。

[朴尚洙,MONOist]
マツダの新型「Mazda3」

 マツダは2013年6月26日(米国時間)、同社の主力車種「Mazda3(日本名:アクセラ)」の新モデルについて、5ドアハッチバックモデルの外観を公開するとともに、車両概要も明らかにした。2012年2月発売の「CX-5」、2012年11月発売の「アテンザ」に続き、デザインテーマ「魂動(こどう)−Soul of Motion」と新世代技術「SKYACTIV」を全面採用した3番目の車両となる。2013年秋から、北米市場を皮切りに販売を始める予定だ。


sp_130628mazda_01.jpgsp_130628mazda_02.jpg 「Mazda3」の5ドアハッチバックモデル。左の写真が2013年秋以降発売の新型で、右の写真が現行の2代目である(クリックで拡大) 出典:マツダ

セダンタイプのCd値は0.255

 公開された新型Mazda3の5ドアハッチバックモデルは、魂動の最大の特徴である、フロントノーズからヘッドランプに向かって流れる「シグネチャーウイング」を持つフロントフェイスや、アテンザから導入されたボディカラーの「ソウルレッドメタリック」が印象的であり、あたかも小型アテンザといったイメージだ。

sp_130628mazda_03.jpgsp_130628mazda_04.jpg 新型「Mazda3」のフロントフェイス。フロントノーズからヘッドランプに向かって流れるライン「シグネチャーウイング」は、「CX-5」や「アテンザ」と同じである(クリックで拡大) 出典:マツダ

 外形寸法は、全長175.6インチ(約4460mm)×全幅70.7インチ(約1795mm)×全高57.3インチ(約1455mm)。現行Mazda3の5ドアハッチバックモデルと比べて、全長が1.8インチ(約46mm)短く、全高が0.6インチ(約15mm)低くなる一方で、全幅は1.6インチ(約41mm)広くなっている。全長が短くなったものの、ホイルベースは2.4インチ(約61mm)増の106.3インチ(約2700mm)なので、車室内空間の広さは同等以上に確保できたという。

 車体の空力性能を示すCd値は、5ドアハッチバックモデルで0.275、セダンモデルで0.255であり、クラストップだという。ワゴンモデルが0.28、セダンモデルが0.26だったアテンザよりも空力性能が向上している。

新型「Mazda3」の走行イメージ 新型「Mazda3」の走行イメージ(クリックで拡大) 出典:マツダ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.