ニュース
» 2013年07月01日 14時00分 UPDATE

エコカー技術:新型「アクセラ」のハイブリッドモデル導入に向け、マツダが組織改革

マツダが、電気駆動システム開発室を部格から本部格に変更する組織改革を発表した。新型「アクセラ」の国内向けセダンモデルに搭載するハイブリッドシステムの開発力強化が狙い。

[朴尚洙,MONOist]
国内向けにハイブリッドモデルを投入する新型「Mazda3(アクセラ)」

 マツダは2013年7月1日、電気駆動システム開発室を部格から本部格に変更する組織改革を発表した。

 電気駆動システム開発室は、その名称の通り、モーターやインバータ、ニッケル水素電池やリチウムイオン電池を用いた電池パックから構成される電気駆動システムの開発を担当している。今回の組織改革は、「環境規制の基準の高度化やお客さまの環境意識の向上に対応するため、電気駆動システムの開発活動を効率的に推進する」(マツダ)ことが目的となっている。

 具体的には、2013年秋以降に発売される新型「Mazda3(日本名:アクセラ)」の国内向けセダンモデルに搭載するハイブリッドシステムの開発力を強化する。このハイブリッドシステムは、トヨタ自動車からライセンス供与される技術がベースになるとみられているが、マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV G」との連携動作などは、マツダ自身で開発を進める必要がある。

国内向けにハイブリッドモデルを投入する新型「Mazda3(アクセラ)」 国内向けにハイブリッドモデルを投入する新型「Mazda3(アクセラ)」(クリックで拡大) 出典:マツダ

関連キーワード

マツダ | 組織変更 | ハイブリッドカー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.