ニュース
» 2013年07月05日 19時45分 UPDATE

車載ソフトウェア:JasParの新代表理事が決定、本田技術研究所常務執行役員の山口次郎氏が就任

国内の自動車メーカーや大手ティア1サプライヤなどが参加する車載ソフトウェアの標準化団体JasParの新代表理事に、本田技術研究所の四輪R&Dセンターで常務執行役員を務める山口次郎氏が就任する。

[朴尚洙,MONOist]
JasParの代表理事に就任した本田技術研究所の山口次郎氏

 国内の自動車メーカーや大手ティア1サプライヤなどが参加する車載ソフトウェアの標準化団体JasParは2013年7月3日、新たな代表理事として、本田技術研究所の四輪R&Dセンターで常務執行役員を務める山口次郎氏が就任したと発表した。山口氏は、2012年7月からJasParの常任理事を務めていた。

 2009年から代表理事を務めてきた日産自動車執行役員の豊増俊一氏は、山口氏と交代する形で常任理事に就任し、JasParに残る。常任理事は、豊増氏、トヨタ自動車常務役員の吉田守孝氏、豊通エレクトロニクス取締役の岡本康氏の3氏が務めることになる。


JasParの代表理事に就任した本田技術研究所の山口次郎氏 JasParの代表理事に就任した本田技術研究所の山口次郎氏 出典:本田技術研究所

 新代表理事の山口氏は、1988年に本田技術研究所に入社した後、車体領域の機種開発に携わってきた。2009年に執行役員に就任して商品開発室の室長となり、2011年からは電装/材料領域を担当。2012年には、現職の常務執行役員に就任している。

 なお、JasParにおける標準化や研究開発活動を統括する運営委員長は、トヨタ自動車の制御システム基盤開発部長を務める畔柳滋氏が留任する。

関連キーワード

就任・着任 | 車載ソフトウェア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.