ニュース
» 2013年07月11日 18時20分 UPDATE

WTCCもカバー:ホンダがF1復帰に向け英国に拠点、2014年6月から活動開始

ホンダは、2015年シーズンから復帰するF1レースの欧州活動拠点を、英国バッキンガム州ミルトンキーンズに置くと発表した。同拠点は、F1のみならず、世界ツーリングカー選手権(WTCC)をはじめ欧州におけるホンダのモータースポーツ活動拠点としての役割も担う。

[朴尚洙,MONOist]
ホンダが2015年のF1復帰に向け英国に拠点

 ホンダは2013年7月11日、2015年シーズンから参戦するFIA(国際自動車連盟)主催のフォーミュラ・ワン世界選手権レース(以下、F1)の欧州活動拠点を、英国バッキンガム州ミルトンキーンズに置くと発表した。同社は2013年5月、英国チームのMcLarenに、エンジンとエネルギー回生システムを開発、製造、供給するパワーユニットサプライヤとして復帰すると発表していた(関連記事:ホンダのF1復帰はハイブリッド化する新型「NSX」投入の布石か)。

 この拠点は、無限ブランドでホンダ車のアフターパーツの製造/販売やレース用エンジンの製造を手掛けるM-TECの欧州法人MUGEN EUROの新社屋内に設置される。

 ホンダは、2014年6月から稼働を始める同拠点を基盤として、欧州でのF1レース活動における体制構築を進める。エンジンを含めたパワーユニットの開発は、本田技術研究所の四輪R&Dセンター(栃木県宇都宮市)で行うものの、リビルドやメンテナンス、サーキットサービスは欧州拠点で行うことになる。

 また、この拠点は、F1のみならず、世界ツーリングカー選手権(WTCC)をはじめ欧州におけるホンダのモータースポーツ活動拠点としての役割も担うという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.