ニュース
» 2013年07月23日 07時00分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2013:「i-MiEV」の車載充電器一体型DC-DCコンバータ、ニチコンが20%の小型化に成功

ニチコンは、「TECHNO-FRONTIER 2013」において、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」などに搭載されている改良版の車載充電器一体型DC-DCコンバータを展示した。初期のi-MiEVのものと比べて容積を約20%削減している。

[朴尚洙,MONOist]
ニチコンの車載充電器一体型DC-DCコンバータ

 ニチコンは、「TECHNO-FRONTIER 2013」(2013年7月17〜19日、東京ビッグサイト)において、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」や「MINICAB-MiEV」、「MINICAB-MiEV TRUCK」に採用されている車載充電器一体型DC-DCコンバータを展示した。

 同社の車載充電器一体型DC-DCコンバータは、2009年6月発売のi-MiEV、2010年12月発売の日産自動車のEV「リーフ」、2011年11月発売のMINICAB-MiEV、2013年1月発売のMINICAB-MiEV TRUCKなどに採用されている。

 今回展示したのは、MINICAB-MiEVとMINICAB-MiEV TRUCKに搭載されている改良版の車載充電器一体型DC-DCコンバータだ。初期のi-MiEVに搭載されていたものと比べて、容積を約20%削減している。現行のi-MiEVの車載充電器一体型DC-DCコンバータも、改良版に置き換えられているという。

ニチコンの車載充電器一体型DC-DCコンバータ ニチコンの車載充電器一体型DC-DCコンバータ。右側にあるのが改良版で、左側にある初期のi-MiEVに搭載されていたものと比べて容積が約20%削減されている(クリックで拡大)

TECHNO-FRONTIER 2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.