ニュース
» 2013年07月31日 15時45分 UPDATE

製造マネジメントニュース:NEC、スマホ撤退を正式発表――ガラケー、タブレット事業は継続

NECは、NECカシオモバイルコミュニケーションズが担う携帯電話端末事業の見直しを発表し、スマートフォン事業からの撤退を決めた。

[三島一孝,MONOist]
km_thumneilte.jpg

 NECは2013年7月31日、NECカシオモバイルコミュニケーションズが担う携帯電話端末事業の見直しを発表。スマートフォンの新規開発を中止し、現行機種をもって生産・販売を終了する。従来型携帯電話機(フィーチャフォン、いわゆるガラケー)の開発・生産は引き続き行う。タブレット端末事業についても継続する。

 スマートフォンの急速な普及の一方で、国内市場では海外勢がシェアを拡大し、NECの携帯電話端末の出荷台数は減少傾向が続いていた。今後に向けてもスケールメリットを発揮できず業績改善を見通すことが難しくなったため、スマートフォン事業からの撤退を決めたという。

 これに伴い、NECカシオモバイルコミュニケーションズの従業員のうち、継続する従来型携帯電話機とタブレット端末の事業に従事する従業員を除き、NECの社会ソリューション事業を中心に再配置する。埼玉日本電気については、従来型携帯電話機の生産に加え、社会ソリューション事業で活用する。

 同日16時から行われる、2013年度(2014年3月期)第1四半期決算の説明会で、詳細が説明される予定。会見の内容は追ってお伝えする(関連記事:NEC、スマホ事業“前向き”な撤退――脱“モノ”売りを加速)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.