ニュース
» 2013年08月02日 12時15分 UPDATE

CATIAなど機能拡張予定:ダッソー、BMWのパートナー企業のCAEベンダー 独SFEを買収

トポロジー最適化機能を持つモデリング・メッシングツールや、騒音・振動・ハーシュネスのシミュレーションツールを開発してきた独SFEの技術を利用し「CATIA」や「SIMULIA」などダッソー製品の機能を拡張していく予定。

[小林由美,MONOist]

 仏ダッソー・システムズ(以下、ダッソー)は2013年8月2日、CAEベンダー 独SFEの買収を発表した。買収金額は非公表。取引は2013年7月初旬に完了しているという。独SFEはトポロジー最適化機能を備えるパラメトリックモデリング・メッシングツール「SFE CONCEPT」、騒音・振動・ハーシュネスのシミュレーションツール「SFE AKUSMOD」などを提供する。

 独SFEはBMWのパートナー企業であり、BMWの車両開発において長年SFE CONCEPTが活用されてきたという。独SFEの技術は自動車・輸送機械業界に限らず、他の産業においても適用可能だ。

 今後、独SFEの技術を利用し「CATIA」や「SIMULIA」などダッソー製品の機能を拡張していくようだ。

編集部主催セミナーのお知らせ:サーマル デザイン ラボ 代表取締役 国峯尚樹氏講演

2013年9月11日(水)東京・大崎で開催

設計現場で熱流体解析の導入をお考えの方、または熱流体解析初学者に向けて、熱対策や熱流体解析の基本から学ぶ入門講座をお届けします。

MONOist ゼミナール CAE カレッジ



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.