ニュース
» 2013年08月09日 13時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:金属が造形可能な3Dプリンタもラインアップに加わった3D Systems、ショールームを初披露

スリーディー・システムズ・ジャパンは、本社移転とともに、3D Systems製品を展示するショールームを開設。同社が2013年6月に買収した仏Phenix Systemsの金属粉末焼結積層の技術についても紹介した。

[小林由美,MONOist]

 2013年8月8日、3次元データ関連ツールベンダーの米3D Systemsの日本法人であるスリーディー・システムズ・ジャパンは、多岐にわたる同社製品をまとめて展示するショールームの内覧会を開催した。

 同社は同年8月1日より恵比寿ガーデンプレイスタワー27階に移転し、これまで製品によって分かれていた拠点を1つにまとめた。その新オフィスの中にショールームをオープン。工業向け3Dプリンタを展示するエリア、3Dスキャンやソフトウェア、個人向け3Dプリンタなどを展示するエリア、セミナールームを備える。同社製品の代理店もセミナーや製品説明などで利用できるスペースとしている。

 現在の同社は、以下の全7方式の3Dプリンタを持っている。同社ショールームでは以下製品を展示していく予定だ。

【ハイエンド機種・工業向け】

  • SLA(Stereo Lithography Apparatus):光造形
  • SLS(Selective Laser Sintering ):レーザー溶融粉末積層
  • SLM(Selective Laser Melting):選択的レーザー溶解積層(金属の粉末焼結積層造形)

【廉価機種・個人向け】

  • FTI(Film Transfer Image):フィルム転写イメージ造形
  • CJP(Color Jet Printing):カラージェット印刷
  • PJP(Plastic Jet Printing):プラスチック・ジェット印刷
  • MJP(MultiJet Printing):マルチジェット印刷

 「SLM(Selective Laser Melting)」による金属粉末焼結積層は、2013年6月12日に米3D Systemsが買収を発表した金属積層造形機メーカーの仏Phenix Systemsの技術だ。

yk_3ds201308_01.jpg 米3D Systems シニアバイスプレジデント プロダクションシステムジェネラルマネージャー兼スリーディー・システムズ・ジャパン 代表取締役社長のケビン・マカレー氏

 米3D Systems シニアバイスプレジデント プロダクションシステムジェネラルマネージャー兼スリーディー・システムズ・ジャパン 代表取締役社長のケビン・マカレー氏は、3Dプリンタ(3次元積層造形)の造形物は従来のような試作品だけではなく、カスタム品など単品〜少数の最終製品での活用事例が出ていることを紹介。「身体の個人差によるカスタムが不可欠である医療分野では3Dプリンタの活用は有効。個人の耳の形状にフィットする補聴器、インレー(歯の詰め物)などで活用されている。近年は民間航空機や自動車など、人命を預かる輸送分野の部品においても、そのような活用事例が見られる」(マカレー氏)。

yk_3ds201308_02.jpg 仏Phenix Systemsの造形機で作ったサンプル

 ここでは、金属積層造形によるタイヤのトレッドの金型、手指の補正器具の事例などがマカレー氏により紹介された。金属積層造形が同社ラインアップに加わることで、さらにそういった事例が増えていくだろうと同社は見ている。

ソフトウェア系のブランドも刷新

 この内覧会では3Dプリンタ以外のソフトウェア系の3D Systems製品の今後についても明かされた。

 同社は、3次元CAD「Alibre」、3Dスキャナ「Rapidform」、クレイモデラー「SensAble」(FREEFORMやPHANTOM)のソフトウェア系ブランドを、検査・リバースエンジニアリング製品ブランド「Geomagic」に統一して提供していくという。

yk_3ds201308_03.jpg
yk_3ds201308_03_2.jpg 「Geomagic」ブランド統一のイメージ

 また米3D Systemsは2013年8月6日、クラウドベースのデータシェアツールを開発するTeamPlatform社を買収したと発表している。今後、同社のGeomagic製品やCubify.comに直ちに統合する計画だ。Cubify.comで扱ってきたような電子商取引分野も強化していくという。

ゲストスピーカー、ブーム過熱に冷静なコメント

 今回、内覧会のゲストスピーカーと招かれた芝浦工業大学 デザイン工学部 デザイン工学科 生産システムデザイン分野教授 安齋正博氏、東京大学 生産技術研究所 機械・生体系部門教授 新野俊樹氏は、「従来の加工法では難しかった形状、思った通りの形状が作れる」といった3Dプリンタの利点について述べるとともに、ここのところのブームの過熱に対し「3Dプリンタは20年ぐらい前からある既存技術。自分たちは従来通り『アディティブマニュファクチャリング(AM)』と呼んでいる」「3Dプリンタは、3次元データがなければただの箱」「利点と併せて、“できないこと”も理解するべき」と冷静に意見した。

yk_3ds201308_04.jpg 芝浦工業大学 デザイン工学部 デザイン工学科 生産システムデザイン分野教授 安齋正博氏「3Dプリンタの利点は、どんな形状でも作れること。従来の加工法では難しい形状が作れること。ただし、3次元データをモデリングしなければならない。高い品質の物を作るにはモデリングおいてもハイエンドな技術が必要だ」
yk_3ds201308_05.jpg 東京大学 生産技術研究所 機械・生体系部門教授 新野俊樹氏「3Dプリンタを使うなら、『今まで見たことないもの』を作るべき」「世の中が3Dプリンタに期待し過ぎなところがある。3Dプリンタベンダーもきちんと丁寧に説明して、ユーザーに合った製品を勧めててほしい」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.