ニュース
» 2013年08月14日 14時00分 UPDATE

FAニュース:マツダ、メキシコに建設中の新工場でSKYACTIVエンジンの生産体制を強化

「デミオ」(海外名:Mazda2)や「アクセラ」(海外名:Mazda3)に搭載するSKYACTIV技術のエンジンを生産予定。年間生産能力は23万基規模で、操業開始予定は2014年10月。

[MONOist]
マツダ

 マツダは2013年8月8日、メキシコに建設中の新工場「Mazda Motor Manufacturing de Mexico S.A. de C.V.」(MMMdM)に、エンジン機械加工工場を新設すると発表した。

 「デミオ」(海外名:Mazda2)や「アクセラ」(海外名:Mazda3)に搭載するSKYACTIV技術のエンジンを生産予定。年間生産能力は23万基規模で、2014年10月の操業開始を見込んでいる。1億2000万ドル(約120億円)を追加投資し、同工場で働く100人を追加採用する計画だ。


MMMdM 建設中の新工場「Mazda Motor Manufacturing de Mexico S.A. de C.V.」

 MMMdMの運営は住友商事との合弁事業。MMMdM内では、既に車両とエンジン組み立ての工場建家を完成させ、2013年度第4四半期の稼働を目指している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.