ニュース
» 2013年08月20日 09時30分 UPDATE

FAニュース:横河電機、現場の保守作業を軽減する工業用分析計「SENCOM」シリーズを発売

従来は現場の変換器に保存していた検出器の情報を、検出器内部に保存できるようにした。現場での保守作業を軽減し顧客の保守効率向上と保全コスト削減に貢献する。

[MONOist]
横河電機

 横河電機は2013年8月16日、工業用分析計の新シリーズ「SENCOM」として、pH/ORP値の測定用検出器「FU20F」と校正用PCソフトウェア「SPS24」を発売した。SENCOMは、保守効率の向上と保全コストの削減を目指して開発した同社測定器の新シリーズ。今回発売の2製品と2線式液分析計「FLXA21」を組み合わせて使用する。

 従来、変換器に保存していた校正用データなどの各種データを、検出器内部のメモリチップに保存できるようにした。薬液・排水などの成分を分析する液分析計は、分析対象によっては劣化や汚れの付着などが短期間のうちに進む恐れがあり、定期的な校正が不可欠。これまでは現場に標準校正液を持ち込んで校正作業をしていたが、その必要をなくして実験室などから校正できるようにした。

photo 右:pH/ORP SENCOM検出器「FU20F」、左:2線式液分析計「FLXA21」

 SPS24は、最大で4本の検出器を同時に校正でき、校正時間を短縮するソフトウェアである。FU20Fのデータを最大100本分保存可能で、プラント内などで使われる検出器複数台のデータをPCで一括管理できる。

 今後同社では、4線式液分析計への対応、測定対象値の種類を増やすなど、SENCOMラインアップを拡大する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.