ニュース
» 2013年08月29日 12時50分 UPDATE

軽商用車は3社体制に:三菱自動車の軽商用車はスズキがOEM供給へ、「MINICAB-MiEV」の開発は継続

三菱自動車は、スズキからガソリンエンジンを搭載する軽商用車のOEM供給を受けることで基本合意したと発表した。ただし、軽商用電気自動車である「MINICAB-MiEV」の開発と生産、販売は継続/強化する。

[朴尚洙,MONOist]
2013年度末で生産を終了する軽トラック「MINICAB TRUCK」

 三菱自動車は2013年8月29日、スズキからガソリンエンジンを搭載する軽商用車のOEM供給を受けることで基本合意したと発表した。

 合意に合わせて三菱自動車は、2013年度末までに軽バン「MINICAB VAN」と軽トラック「MINICAB TRUCK」のガソリンエンジンモデルの生産を終了する。2014年春からは、これらの代替として、スズキから軽商用車のOEM供給を受ける計画である。

 スズキは同日、14年ぶりに全面改良した軽トラック「キャリィ」を発表している。2014年春から三菱自動車が販売する軽トラックも、このキャリィベースのものになるとみられる。

sp_130829mitsubushimotors_01.jpgsp_130829mitsubushimotors_02.jpg 左の写真は、2013年度末で生産を終了する軽トラック「MINICAB TRUCK」。右の写真は、スズキが全面改良した軽トラック「キャリィ」である(クリックで拡大) 出典:三菱自動車、スズキ

 なお、三菱自動車は、軽商用電気自動車である「MINICAB-MiEV VAN」と「MINICAB-MiEV TRUCK」の開発と生産、販売は継続/強化するとしている(関連記事:EVの本命は軽トラ!? 140万円で購入可能な「MINICAB-MiEV TRUCK」が発売)。

軽商用車はスズキ、ダイハツ、ホンダの3社体制に

 三菱自動車の開発中止により、国内で軽商用車を開発する企業は、スズキ、ダイハツ工業、ホンダの3社に絞られることになる。

 スズキは、軽ワゴン/バンで「エブリイ」、軽トラックでキャリィを展開。マツダの「スクラム」にOEM供給を行っている。また、三菱自動車からOEM供給を受けていた日産自動車の「クリッパー」も、2013年末からスズキがOEM供給を引き継ぐことになった(日産自動車の発表文)。

 ダイハツ工業の「ハイゼット」は、トヨタ自動車の「ピクシスバン/トラック」と、2012年2月に自社生産を終了した富士重工業の「サンバー」にもOEM供給を行っている。

 ホンダが開発・販売する「アクティ」は、OEM供給は行っていない。

関連キーワード

三菱自動車 | OEM | 電気自動車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.