ニュース
» 2013年09月02日 13時10分 UPDATE

ビジネスニュース:トヨタが米国工場で6速ATを1.5倍に増産、100億円を投資

トヨタ自動車は、米国ウエストバージニア州の工場で、6段変速の自動変速機(AT)の年間生産能力を50万基から74万基に増強する。投資額は約1億200万米ドル(約100億3000万円)。

[朴尚洙,MONOist]
TMMWVでの生産の様子

 トヨタ自動車は2013年8月30日(米国時間)、米国ウエストバージニア州バッファローでエンジンやトランスミッションを製造しているToyota Motor Manufacturing West Virginia(TMMWV)において、6段変速の自動変速機(AT)の生産能力を増強すると発表した。これに併せて、アルミニウム鋳造部品を製造するBodine Aluminumのミズーリ州テネシーとテネシー州ジャクソンの工場で、TMMWVに供給するトランスミッションのケースとハウジングの生産能力も強化する。これらの投資額は、合計で約1億200万米ドル(約100億3000万円)となる。

 現在、TMMWVのトランスミッションの年間生産能力は50万基。増強が完了する2015年には約1.5倍となる74万基まで増えることになる。増産する6速ATは、北米市場向けの「アバロン」、「カムリ」、「ハイランダー」、「レクサスRX350」、「シエナ」、「ヴェンザ」に搭載する。TMMWVへの投資額は約9000万米ドル(約88億5000万円)で、約80人の人員を追加で雇用するという。Bodine Aluminumへの投資額は約1200万米ドル(約11億8000万円)で、25人程度の雇用を増やす計画だ。

TMMWVにおける生産の様子 TMMWVにおける生産の様子 出典:トヨタ自動車

 トヨタ自動車が直近の21カ月で北米地域の製造拠点に投資するのは、今回で11回目。投資総額は約21億米ドル(約2065億円)となり、4000人以上の雇用を創出したとしている。

関連キーワード

アメリカ | トヨタ自動車 | 工場 | 雇用創出


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.