ニュース
» 2013年09月13日 07時30分 UPDATE

PLMニュース:シーメンスPLM、業界特化型パッケージを投入――PLM導入効果をより早く

シーメンスPLMソフトウェアは、各業界固有のベストプラクティスのガイド、テンプレート、ソフトウェアをパッケージ化したソリューション「Industry Catalyst Series」を提供する。

[三島一孝,MONOist]
km_thumbnail120.jpg

 シーメンスPLMソフトウェアは2013年9月11日(米国時間)、各業界に特化した新しいソリューション「Industry Catalyst Series」を発表した。新ソリューションは、PLMの導入を容易にし、特定の業界のニーズを満たすよう、各業界固有のベストプラクティスのガイド、テンプレート、ソフトウェアがあらかじめパッケージにして提供するもの。PLMへの投資効果を高め、より早くその効果を出せることを目指す。

 PLMソリューションは、標準のPLM技術を、自社および業界特有のプロセスやデータ構成、ワークフローなどにカスタマイズする必要性があることから、ビジネスの混乱を招き、迅速に効果を得るのが難しい場合があった。

 新ソリューションは、各業界の要求に合わせて迅速に導入できるようにし、このビジネスの混乱を低減することが狙いだ。各種ソリューションの内容については今後発表する予定としているが、自動車、エレクトロニクス、コンシューマー製品、船舶、エネルギー、産業機械、医療機器、航空宇宙などのさまざまな業界のベストプラクティスを用意し、これらのデジタルガイドやテンプレートを内包していることが最大の特長となる。

 また、導入局面での最適な方法やベストプラクティスなどについてのガイドも提供する他、インタフェースや機能などについてはカスタムプログラミングなしで構成を変更できるソリューションコンポーネント形式を採用。ユーザー企業がPLMの導入や活用に際して、負担となっていたカスタマイズなどの負担を軽減できるようにしているという。

 新ソリューションは、「NX」や「Teamcenter」「Tecnomatix」「LMS」など、シーメンスのエンタープライズ向けPLMソフトウェア製品と連携可能だとしている。

海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。




「PLMニュース」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.