ニュース
» 2013年09月13日 17時30分 UPDATE

FAニュース:三菱重工、完全NC化の7軸で歯車を加工するギヤシェーパを発売

逃し動作機構を日本で初めてNC化し、さらにヘリカルギヤ加工時のねじれ運動も世界で初めてNC化した。多様で高精度な歯切り加工が簡単・自在にできる。

[MONOist]
三菱重工業

 三菱重工業は2013年9月12日、7軸を完全NC化したギヤシェーパ(歯車工作機械)「ST40A」を発売した。

 切削工具と加工対象物の干渉を防ぐ逃し動作機構を、国内で初めて完全NC化した。切削工具と加工対象物の動き、切削条件などを数値で入力して加工を自動制御できる。さらに、ヘリカルギヤ(はすば歯車)加工時のねじれ運動をNC化したのは世界初だという。7軸を完全NC化したことにより、ヘリカルギヤや2段ヘリカルギヤ、歯筋中央部を膨らませるクラウニング加工、歯筋方向に傾斜を付けるテーパー加工など、多様で高精度な歯切り加工が簡単・自在に行えるようになった。

ヘリカルガイドレスギヤシェーパ「ST40A」 ヘリカルガイドレスギヤシェーパ「ST40A」

 付加価値の高い各種歯車加工のニーズが高まっていることを受けて開発された製品。自動車や建設機械の変速機の多段化や歯車機構の変化、小型旅客機の量産などのため、さまざまな歯車を大量生産するニーズに応えるとしている。

 米インディアナ州インディアナポリス市で同年9月17〜19日に開催される歯車製造技術展「GEAR EXPO 2013」の加工実演展示で初披露される。自動車の変速機構などに用いられる2段ヘリカルギヤの加工を実演する予定。

関連キーワード

切削加工 | 三菱重工業 | 世界初 | FA | FAニュース | 工作


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.