ニュース
» 2013年09月17日 15時15分 UPDATE

製造ITニュース:日本オラクル、「インメモリ」でサプライチェーンを支援――従来比9倍の高速化

日本オラクルは、企業のサプライチェーン業務を支援する4つのインメモリアプリケーション製品群の提供を開始する。

[三島一孝,MONOist]
km_thumbnailoracle.jpg

 日本オラクルは2013年9月17日、企業のサプライチェーン業務を支援するインメモリアプリケーション製品として「Oracle In-Memory Cost Management」(以下、コストマネジメント)「Oracle In-Memory Logistics Command Center」(以下、ロジスティックコマンドセンター)「Oracle In-Memory Consumption Driven Planning」(以下、コンサンプションドリブンプランニング)「Oracle In-Memory Performance Driven Planning」(以下、パフォーマンスドリブンプランニング)の提供を開始したことを発表した。

 日本オラクルでは、データベースに格納されたデータなどをメインメモリ上に保持して処理するインメモリ技術を活用し特定業務向けに最適化したアプリケーション群「インメモリアプリケーション」を強化する方針を示している。インメモリ技術はメモリ上で処理を行えるため多くのデータを扱う業務における処理や分析に掛かる時間を大幅に短縮できることが特長だ。

 今回提供開始を発表したのは、このインメモリアプリケーションを企業のサプライチェーン業務に最適化したものだ。需給計画やロジスティクス(物流)、原価計算など、膨大な基幹システムのデータを基に計算や分析、シミュレーションを高速に実行することが必要になる業務に向けた製品を提供する。

従来比9倍の高速化

 「コストマネジメント」は、長い待機時間が必要だった原価計算処理を高速に実行可能なアプリケーション。複雑な部品構成で生産を行うケースでの原価計算処理や、為替、材料費価格の変動、景気の変動、戦略的価格への変更などの環境変化に対応するためのシミュレーションを、迅速に行えるとしている。

 「ロジスティクスコマンドセンター」は、物流シミュレーション処理を行うアプリケーションだ。複数シナリオによる計画・予測を作成し、各シナリオのシミュレーション結果を事前定義されたKPI(指標)をもとに分析・比較することが可能だという。

 「コンサンプションドリブンプランニング」は、需要計画や消費主導型計画を実行するアプリケーション。POSデータをはじめとする企業の持つさまざまな大量データを活用した需要計画を高速に実行可能だという。また、日次/店舗レベルでの販売計画、補充計画など、粒度の細かい計画を迅速に実施し統合管理できるという。

 「パフォーマンスドリブンプランニング」は、複数の分野に渡るグループ全体のサプライチェーン計画処理を行うことができるアプリケーション。計画処理を高速化することで計画サイクルタイムの短期化を実現し、サプライチェーンにおける迅速な意思決定に貢献できるとしている。

 これらのインメモリアプリケーション製品は、オラクルのエンジニアド・システムであるデータベースマシン「Oracle Exadata Database Machine」、アプリケーションを集約・高速実行する「Oracle Exalogic Elastic Cloud」、分析マシン「Oracle Exalytics In-Memory Machine」を基盤に稼働する。「従来比較で約9倍の高速処理」(オラクル調べ)を実現するとしている。

海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.