ニュース
» 2013年09月17日 15時50分 UPDATE

これはいいローレットですね!:ローレット界の頂上決戦を開催! 勝者は誰に?

刻印機メーカーの山田マシンツールが、ローレットの美しさと技術を競う「ベスト オブ ザ ローレット」の作品を募集している。

[小林由美,MONOist]

 “丸モノ”部品に施されるローレット(ギザギザ形状)。もちろん滑り止めなど機能的な理由で施されるのだが、幾何学的な美しさに思わず見入ってしまうことはないだろうか?

yk_coma20122_11.jpg ローレットが施されたコマ:写真はコンテストとは関係ありません

 刻印機メーカーの山田マシンツールが「ベスト オブ ザ ローレット」(BOR)と題した加工コンテスト企画を開催している。名前の通り、ローレットの加工技術を競う企画。加工作品のローレットの美しさや加工難易度を総合的に評価するという。

 作品は、2013年12月末まで受け付けており、選考は2014年1月中、発表は2014年2月を予定しているとのことだ。応募要項については、以下。

  • 材料不問
  • 使用ツールはメーカー不問(ただし工法はローレット加工に限る)
  • ローレットパターン不問
  • サイズは、φ120×L=150以下(単位:mm)
  • 重量 最大1.5kg以内
  • 使用設備は旋盤に限る
  • 同社Webサイトにある専用応募フォームを記載し作品に添付

 作品は、山田マシンツール宛に宅配などで発送する。

 優勝者には、光学機器メーカーでローレット工具も製作するスワロフスキー・オプティック社より「世界に1つのオリジナルクリスタル」が進呈されるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.