ニュース
» 2013年09月18日 12時45分 UPDATE

スマアシ搭載も決定:新型「タント」は両側パワースライドドアを採用、フロントフェイスも大幅変更

ダイハツ工業は2013年10月3日、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車「タント」をフルモデルチェンジする。予告サイトでは、両側パワースライドドアの採用や、大幅に変更したフロントフェイスなどの情報を公開している。

[朴尚洙,MONOist]
予告サイトで公開されている「タント カスタム」のフロントフェイス

 ダイハツ工業は2013年9月18日、同年10月3日にフルモデルチェンジを予定しているスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車「タント」の予告サイトを公開した。併せて、1万円相当のカタログギフトが付く先行予約キャンペーンも開始している。

⇒新型「タント」とスズキの「スペーシア」の燃費比較記事はこちら

 タントは、ピラー内蔵型ドアとスライドドアにより、助手席側の開口幅が1480mmまで広がる「ミラクルオープンドア」を最大の特徴としていた。新型タントでは、運転席側の後席ドアもパワースライドドアに変更したことでさらに使いやすくなるとしている。

 エクステリアデザインも変更。特に、カスタムモデルである「タント カスタム」のフロントフェイスについては、ヘッドランプ下部のLEDポジションランプに加えて、ヘッドランプの間をつなぐようなLEDのラインが入るようにしている。これは、2013年8月にマイナーチェンジしたトヨタ自動車の「SAI」に近いデザインだ(関連記事:“カッコイイ”トヨタの「SAI」、樹脂部品の20%がエコプラとリサイクル材に)。

予告サイトで公開されている「タント カスタム」のフロントフェイス 予告サイトで公開されている「タント カスタム」のフロントフェイス 出典:ダイハツ工業

 この他、レーザーレーダーによって先行車両との衝突を回避できる「スマートアシスト」の搭載も決定。燃費については、「さらなる向上を徹底的に追求」としており、競合となるスズキの「スペーシア」のJC08モード燃費29.0km/lを上回ってくるとみられる(関連記事:スズキの「スペーシア」は「N BOX」より110kg軽い、「タント」とも比較)。

関連キーワード

ダイハツ工業 | 軽自動車 | エコカー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.