ニュース
» 2013年09月19日 07時30分 UPDATE

製造ITニュース:中堅・中小企業の生産管理システム、シェア上位は富士通、NEC、大塚商会

調査会社のノークリサーチは、国内の中堅・中小市場における生産管理システムの導入・利用実態調査を行い、その分析結果を発表した。

[三島一孝,MONOist]
km_thumbnailresearch.jpg

 調査会社のノークリサーチは2013年9月18日、国内中堅・中小企業における生産管理システムの導入状況と利用実態を調査し、その分析結果を発表した。同調査によると、導入シェア(社数ベース)上位3社は富士通、NEC、OSK(大塚商会)で2012年調査時から変化しなかったという。

 同社では、毎年売上高500億円未満の中堅・中小企業を対象に、ITの導入・活用状況についての調査を行っている。今回は2013年7月に調査を実施し、1400社の有効回答を得た。その中で生産管理システムについては、264社が回答している。



 生産管理システムの導入シェアは1位が富士通の「GLOVIA smart製造(PRONES/MES/PROFOURSなど)」、2位がNECの「EXPLANNER/Jシリーズ」、3位がOSKの「生産革新シリーズその他」となっており、2012年調査と順位の変化はなかった。ただ、これら3製品の合計シェアは2012年では39.8%であったのに対し、2013年は35.2%とやや減少した結果となった。

導入済み製品の社数シェア 導入済み製品の社数シェア(クリックで拡大)

 また、生産管理システムの重視事項については2012年の調査と同様「より精度の高い原価管理の実現」が最も多く挙がった。ノークリサーチでは「中堅・中小企業にとって原価管理が最も大きな課題であることが確認できる」と分析する(関連記事:目指したのは多品種少量生産体制の確立――原価見える化を求めた白鳥製薬)。一方で「生産スケジューラ(APS)の採用」は2012年の30.6%から2013年には19.7%に減少する結果となった。「中小の製造業では製造プロセス自体が完全にシステム化されていないケースもある。生産スケジューラによる効率化よりも、原価管理に対するニーズが高い状態が今後もしばらくは続くだろう」(ノークリサーチ)としている。

生産管理システムにおける重視事項 生産管理システムにおける重視事項(クリックで拡大)

海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.