ニュース
» 2013年09月24日 18時30分 UPDATE

シーメンスPLMソフトウェアの新製品:個人もターゲットに! 月額1万5000円でレンタルできる3D CAD、日本で10月から

ミッドレンジ3次元CAD「Solid Edge」の月額単位のレンタル版が日本でも提供される。月額プランの価格は1万5000円から。将来はCADのクラウド化もあり得るという。

[小林由美,MONOist]

 シーメンスPLMソフトウェアは、ミッドレンジ3次元CAD「Solid Edge」の日本向けレンタル版「Solid Edge Monthly Subscription」を発表した。提供開始は、2013年10月1日。なお英米国向けには2013年8月から提供開始している。

 Solid Edgeのレンタル版としては従来「Solid Edge DesignPad」を提供してきた。今回、その内容を大幅刷新し、名称も改めた。中堅・中小企業や個人をターゲットとする。

 この製品は、1カ月単位で契約したり解除したりが自由に可能だ。使用開始後1カ月が経過する1週間前に自動送信される、継続の可否を尋ねる電子メールに従って意志表示する形だ。支払いはクレジットカードのオンライン決済のみ(毎月自動決済)。シーメンスPLMソフトウェアのWebサイトから申し込みでき、そこからソフトウェアのダウンロードも可能だ。Solid Edgeのバージョンがアップした場合は、契約中であれば新しいソフトウェアが無償でダウンロード可能だ。

 レンタルの月額は4プランあり、以下の通り。名称に対応する機能は、通常の製品版と同じ。下記の額には、保守・サポートも含まれている。

  • Solid Edge Design and Drafting:モデリング(一部の機能不可)、アセンブリ、図面作成:1万5000円(月額) * Solid Edge DesignPad相当の機能
  • Solid Edge Foundation:モデリング(全て)、アセンブリ、図面作成、シートメタル:3万円(月額)
  • Solid Edge Classic:Foundationの機能+部品単体の強度解析、レンダリング:4万円(月額)
  • Solid Edge Premium:Classicの機能+NX Nastran、ワイヤーハーネス機能のフルパッケージ:6万円(月額)

 試用についてはPremiumのみ。試用・購入ともに既に申し込みが可能だ。

yk_serent_00.jpg 申し込み画面。試用版のリンクも下にある。

 Solid Edge DesignPadで提供されてきた、無償のオンラインチュートリアルやトレーニングも引き続き提供する。その内容もアップグレードしているという。

 今後は、3次元CADソフトウェアのクラウド版(Webブラウザでの利用)も計画している。その時期は、「世の中のハードウェアやソフトウェア、ネットワークの技術の進化次第」だという。少なくとも現時点の技術では「設計業務で快適に使用するには厳しい」と判断しているとのことだ。

yk_serent_01.jpg Solid Edgeにおけるクラウド化の計画

日本法人がテレマーケティングで事前調査

 日本法人のシーメンスインダストリーソフトウェアは、2012年末から3次元CADのレンタル版について、日本の中堅・中小企業を対象にテレマーケティングを実施。調査した半数以上が「月額レンタルに興味あり」との回答。初期投資コストの低減や、繁忙期に合わせてランセンス数を調整したいなどのニーズがあったという。

 また、法人でも約3割がクレジットカードでのオンライン決済を利用しているという回答だった。調査で好感触を得て、日本でも一定の需要があると判断し、提供開始に踏み切ったとのことだ。

 この調査は、日本法人が主導で調査を実施し、米国本社サイドにフィードバックされた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.