ニュース
» 2013年09月26日 15時10分 UPDATE

「ライフ」の後継?:「Nシリーズ」第4弾はハイトワゴン、ホンダが「N-WGN」のシルエットを公開

ホンダは、軽自動車「Nシリーズ」の第4弾モデルの名称「N-WGN(エヌ ワゴン)」と、そのシルエット映像をWebサイトで先行公開した。ハイトワゴンタイプの軽自動車であり、「ライフ」の後継になるとみられている。

[朴尚洙,MONOist]
「N-WGN」のシルエット

 ホンダは2013年9月26日、同年秋発売予定の軽自動車「Nシリーズ」の第4弾モデルについて、「N-WGN(エヌ ワゴン)」という名称とシルエット映像をWebサイトで先行公開した。

⇒「N-WGN」のエクステリアデザインに関する記事はこちら

 N-WGNは、第1弾の「N BOX」や第2弾の「N BOX+」、第3弾の「N-ONE」といったNシリーズで培った軽自動車プラットフォームの技術を継承する、ハイトワゴン(トールワゴンとも言う)タイプの軽乗用車である。

Webサイトで先行公開されている「N-WGN」のロゴとシルエット映像 Webサイトで先行公開されている「N-WGN」のロゴとシルエット映像(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 全高が1780〜1800mmのN BOXとN BOX+はスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車であり、スズキの「スペーシア」やダイハツ工業の「タント」などが競合となる。一方、ハイトワゴンタイプの軽自動車は、スズキの「ワゴンR」、ダイハツ工業の「ムーヴ」、日産自動車の「DAYZ」、三菱自動車の「eK」のように、全高が1600mm程度とされている。

 2012年11月発売のN-ONEは、全高が1610〜1630mmなので、ハイトワゴンタイプの軽自動車である。しかし、走行性能やスタイリングを強く意識した車両であることから、Nシリーズの投入前からホンダが展開していた、ハイトワゴンタイプの軽自動車「ライフ」の後継とはみられていなかった。

 同じくハイトワゴンタイプの軽自動車であるN-WGNが、ライフの後継に位置付けられる可能性は高い。

関連キーワード

軽自動車 | 本田技研工業


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

エンジニア電子ブックレット

イプロスの製品トピックス