ニュース
» 2013年09月26日 17時36分 UPDATE

スマホアクセサリー向けに:東芝、2つの通信方式に対応したBluetooth準拠ICを製品化

東芝は、Bluetooth規格で従来機器との互換性があるBasic Rate通信制御方式と、Ver.4.0規格で新たに導入されたLow Energy通信制御方式の両方に対応したIC「TC35661SBG-501」を製品化し、2013年11月から量産を開始すると発表した。

[八木沢篤,MONOist]
TC35661SBG-501

 東芝は2013年9月26日、近距離無線規格Bluetoothにおいて、従来機器との互換性があるBasic Rate通信制御方式と、Ver.4.0規格で新たに導入されたLow Energy通信制御方式の両方に対応したIC「TC35661SBG-501」を製品化し、同年11月から量産を開始すると発表した。リモコン、センサー、玩具などの汎用無線データ通信やスマートフォンアクセサリーでの利用を想定する。

 従来、Basic Rate通信制御方式とLow Energy通信制御方式は互換性がなく、接続する機器の方式に合わせてセットの開発環境を準備する必要があったが、同製品を採用することにより、その手間がなくなり、開発の効率化が図れるという。

 同製品は、Basic Rate通信制御方式に使用されるシリアルポートプロファイル(SPP)とLow Energy通信制御方式に使用されるジェネリックアトリビュートプロファイル(GATT)を1チップに内蔵。1つのデバイスで両方の通信方式に対応する。プロファイルを内蔵しているため、Bluetooth ICの制御マイコンの負荷軽減も期待できる。

TC35661SBG-501 TC35661SBG-501
品番 TC35661SBG-501
電源電圧 1.8Vまたは3.3V
パッケージ TFBGA64、5×5mm、0.5mm Ball pitch
Bluetoothバージョン Ver.4.0
対応プロファイル シリアルポートプロファイル(SPP)、ジェネリックアトリビュートプロファイル(GATT)
インタフェース UART、I2C、GPIO
その他の特長 GPIO機能、スリープモード、ホストウェイクアップ
量産予定時期 2013年11月
表1 「TC35661SBG-501」の主要特性

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.