ニュース
» 2013年10月02日 19時30分 UPDATE

PLMニュース:「Windchill 10.2」は法規制対応機能を強化――米のUDI規則や紛争鉱物法など

PTCは、PLMソリューション「PTC Windchill」の最新版となる「10.2」を発表。製造業の生産性向上や新たな法規制へ対応する機能を追加している。

[三島一孝,MONOist]
km_thumbnailptc.jpg

 PTCジャパンは2013年10月2日、製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューション「PTC Windchill」(以下、Windchill)の最新版である「Windchill 10.2」をリリースした。新たに米国で施行されるUDI(医療機器個体識別)規則や紛争鉱物(コンフリクトミネラル)法など、法規制への対応を強化した他、データの関係性や工程計画の視覚化など生産性の向上を実現しているという(関連記事:Windchill 10.0は“トップダウン型”開発に最適なエンタープライズPLM)。



 Windchill 10.2は、データの関係性を視覚的に表示する機能を強化。検証変更リクエストや製造工程計画などの製品要素を視覚的なフローチャートを利用し、表示できる他、設計BOMからの製造工程計画の構築(設計、再生など)をインタラクティブな視覚的ツールを利用して作成できるという。また、データの関係性を確認する機能はアプリケーションライフサイクル管理(ALM)ソリューションの「PTC Integrity」で作成された要件にも対応している他、製品構成オプションをERPと共有可能だという。

PTC Windchill 10.2 で生産技術エンジニアが工程計画を視覚的に作成 PTC Windchill 10.2 で生産技術エンジニアが工程計画を視覚的に作成可能に(クリックで拡大)

UDI規則への対応

 一方で米国の法規制への対応機能についてもオプションを用意し、対応を充実させた。米国では2014年にFDA(米国食品医薬品局)によるUDI規則の導入が予定されており、医療機器メーカーは対応工数を低減するためのソリューションが必要となるが、その対応に医療機器メーカーは追われている。

 PTCでは、これらに対応するため、将来の変化への柔軟性を保持しながらUDIデータの管理とトレーサビリティを実現する機能を実装した設定済ソリューション(PTC UDI)を開発し、オプションとして提供する。

UDIソリューション PTC UDI ソリューションに標準で用意されているユーザレポートにより大量の UDI 関連提出データの管理を支援(クリックで拡大)

 PTC UDIソリューションの主な機能は以下の通り。

  • 重要なUDIデータを複数のデータ管理システムから収集、管理
  • FDAが使用しているものと同一の登録前データ検証アルゴリズムなどを利用してUDI登録プロセスを自動化
  • FDAや海外の機関による将来の法規制に対応

 さらに、紛争鉱物法に基づく米証券取引委員会(SEC)への最初の報告期限(2014年5月31日)が近づく中、Windchill 10.2では同法対応宣言を部品単位で管理できるようにしている。その結果、製品中の紛争鉱物の有無の確認、適切な原産国照会や適正評価の実施、紛争鉱物対応状況の報告、主要製品開発プロセスとの連携を実現する総合的な紛争鉱物管理が可能になるという。

世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.