ニュース
» 2013年10月08日 12時30分 UPDATE

ITS世界会議東京2013:ホンダが協調型自動運転技術を世界初公開、デンソーはEVの自動充電システム

ホンダとデンソーが「第20回ITS世界会議東京」の出展概要を発表。ホンダは、「協調型自動運転技術」を用いたデモ走行を初公開する。デンソーも、電気自動車(EV)を自動で移動させて充電も行う「スマートチャージング」のデモを披露する。

[朴尚洙,MONOist]
ホンダ協調型自動運転のイメージ

 ホンダは2013年10月8日、ITS(高度道路交通システム)技術の国際会議「第20回ITS世界会議東京」(2013年10月14〜18日、東京ビッグサイト)の出展概要を発表した。

 同社の展示の目玉になりそうなのが、世界初公開の「協調型自動運転技術」を用いた安全デモンストレーション走行である。同技術の詳細は明らかにされていないが、「二輪車・四輪車・電動カート・歩行者が、通信とセンシング技術により相互連携することで、わくわくするモビリティの楽しさはそのままに、安心・安全で便利なサービスを提供する」(リリースより抜粋)としている。

 この他、駐車場の監視カメラと連携する低コストの車載システムを使って駐車操作を支援する「自動バレーパーキング」のデモも行う。

sp_131008itswc_01.jpgsp_131008itswc_02.jpg 「協調型自動運転」(左)と「自動バレーパーキング」のイメージ,「協調型自動運転」(左)と「自動バレーパーキング」のイメージ(クリックで拡大) 出典:ホンダ

EVを指定時刻に指定場所へ自動移動、そして自動充電

 デンソーも、第20回ITS世界会議東京の出展概要を発表している。

 デンソーの展示では、同社のITSと安全技術を結集した「スマートチャージング」に注目が集まりそうだ。スマートチャージングとは、管制センターの指示に従って、電気自動車(EV)を指定時刻に指定場所へ自動で移動させ、自動で充電するシステムのこと。自車位置測定技術と周辺環境センシング技術を組み合わせて実現しており、自動運転のデモも行うという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.