ニュース
» 2013年10月09日 10時00分 UPDATE

SCF2013 開催直前情報:プッシュイン接続から幅広いEthernet製品群まで――フエニックス・コンタクト

フエニックス・コンタクトはSCF2013で、産業界で標準化の可能性を秘めた「プッシュイン接続」対応製品や、「産業用Ethernet製品」「太陽光発電用接続機器」などをテーマにした実践型ソリューションを紹介する。

[MONOist]

 2013年11月6〜8日の3日間、産業分野の自動化・制御に関する最新の技術・製品が一堂に集結する「システムコントロールフェア2013(SCF2013)」が開催される。

 SCF2013の開催に先立ち、MONOist FAフォーラムではSCF2013の特設ページを設け、注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを紹介する。

 今回紹介するフエニックス・コンタクトは、SCF2013で「プッシュイン式接続製品」「産業用Ethernet製品」「太陽光発電用接続機器」の3つを展示テーマとして掲げる。

>>「システムコントロールフェア2013特集」

 通信技術の使用による可視化、高速化、データ化が浸透し、特にEthernetのフィールドエリアまでの運用が進んでいる。同社ではFirewallなどの「インフラ」からリモートI/Oなどの「フィールド」まで産業用Ethernet機器を数多く展開しているが、今回のSCFではそれら幅広いレイヤーのEthernet製品群を紹介していくという。

 また、通信による省配線・省工数と同時に、係数化が難しく長年の課題でもある「配線接続作業における作業工数削減」という業界テーマには、プッシュイン式接続製品でのソリューションを提案していく。ブースではプッシュイン接続を実装している製品(端子台・コネクタ・リレー・サーキットプロテクタなど)をフルラインアップで展示する他、人の手が掛かる部分でスペックではなかなか判断できない「接続」という作業について、その簡易性・省工数性・確実性を実際に体感できるワークスペースが用意される予定だ。

photo プッシュイン接続式大電流端子台「PTPOWER 95」。接続断面積の大きい電線も素早く簡単に挿入できる

 その他、モニタリング機器や誘導雷保護機器、通信機器を紹介する太陽光発電関連製品も見どころの一つ。実際に納入したアプリケーションの展示と個別の製品を展示し、システム/コンポーネント両面での紹介が行われる。

 「前回のSCFと比べて展示方法の“集中と選択”を行った。3つのテーマを掲げ、そのテーマ内でプロダクトミックスした『実践型ソリューション』を紹介する。中でも産業界で今後の標準化となる可能性が高い『プッシュイン接続』を前面に押し出し、あらゆる接続に関する課題の“打ち手”を提案していく」(同社)。

システムコントロールフェア2013(SCF2013)

会期 2013年11月6日(水)〜8日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 東京ビッグサイト
フエニックス・コンタクト ブースNo.:S-45


システムコントロールフェア2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.