ニュース
» 2013年10月09日 18時00分 UPDATE

製造IT導入事例:ヤマハ発動機、生産管理など基幹システムをクラウド化――2018年に全システム移行

ヤマハ発動機は、生産管理などの基幹システムの基盤を2014年1月からクラウドサービスに移行することを発表した。同基盤はNTT Comが提供する。

[三島一孝,MONOist]
km_thumbnailcloud.jpg

 ヤマハ発動機は2014年1月から、現在日本で所有している生産管理などの基幹システムの基盤をクラウドサービス化することを明らかにした。また2018年までには日本で所有している全システムをクラウドに移行するとともに、世界各地域で運用するICTシステムについてもクラウド化する計画だという。クラウドサービス基盤は、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)がグローバルに展開するクラウドサービス「Biz ホスティング Enterprise Cloud」と国際ネットワークサービス「Arcstar Universal One」を活用する。



 ヤマハ発動機は、世界30カ国に140社のグループ会社を持ち、海外売上高は約90%に達している。一方で、国ごとに設計・運用されている現在のICT環境は、セキュリティ面での問題がある他、ICTコストとしても無駄が多い状況だった。これらの状況を改善するため同社では全システムのクラウド移管を決定。まず基幹システムのクラウド移行を行う。

 同社の基幹システムはサーバ台数700台規模で構成され、生産・調達管理システム、製品開発システムや人事・財務などコーポレート系などのシステム群を含んでいる。これらを、冗長性の整ったデータセンター内にあるNTT Comのクラウド基盤「Biz ホスティング Enterprise Cloud」へ移行することで、コストを抑えるともに、事業継続性を向上させる。

クラウド移行完了後のシステム構成イメージ クラウド移行完了後のシステム構成イメージ(クリックで拡大)

製造業向けクラウド

製造業向けクラウド
なぜ製造業にクラウドなのか、何が改善できるのか。

>>トップページはこちらから


海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。




「製造IT導入事例」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.