ニュース
» 2013年10月11日 07時30分 UPDATE

知財ニュース:電機メーカーの特許資産ランキング――1位は経営再建中のあの会社

特許分析のパテント・リザルトは電機メーカーの保有する特許資産の質と量を総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング」を発表。特許総合力のトップは経営再建で注目を集めているパナソニックとなった。

[三島一孝,MONOist]
km_thumbnailpatent.jpg

 特許分析企業のパテント・リザルトは、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング」を発表。上位4社は昨年と同様、パナソニック、東芝、三菱電機、シャープとなった(昨年の結果を紹介した記事:企業の特許ランキング――電気ではパナソニック、東芝、三菱電機が強い)。

 同社は特許として出願された技術の注目度を指標化した「パテントスコア」を算出。出願人、審査官、競合他社の3者のアクションに着目し、同一技術分野、出願年の他特許との相対比較により、偏差値によるスコアリングを行っている。

 今回のランキングでは、2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、このパテントスコアを使った評価を行い、それに特許失効までの残存期間を掛け合わせ、企業ごとに合計得点を集計した。パテント・リザルトでは「このランキングにより件数比較だけでは見られない特許総合力の評価が可能だ」としている。

 今回のランキングの上位10社は昨年と全く同じ顔ぶれとなった。また、パナソニック、東芝、三菱電機、シャープのトップ4も昨年と全く同じ順位となった。ただ、富士通、日立製作所が1ランク、NECが2ランク、順位を上げている。

電気機器企業の特許資産規模 電気機器企業の特許資産規模トップ10(クリックで拡大)

 1位のパナソニックで注目度が高い特許には「車両に搭載されたカメラで運転者の顔画像を取得し、運転者の状態を検出する運転者監視装置」に関する技術や「非接触型ICカードの通信を良好にする通信装置」に関する技術などがある。また、東芝では「書き込みと読み出し間の動作マージンを向上させることが可能な磁気ランダムアクセスメモリ」、三菱電機では「環境負荷の少ない、安全で効率的な有害ガス処理装置および水処理装置」などへの注目度が高かったとしている。

より深く知的財産管理を学ぶには?:「知財マネジメント」コーナーへ

知財マネジメントの基礎から応用、業界動向までを網羅した「知財マネジメント」コーナーでは、知財関連の情報を集約しています。併せてご覧ください。


「知財マネジメント」コーナー 「知財マネジメント」コーナーへ


「知財ニュース(製造マネジメント)」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.