ニュース
» 2013年10月11日 13時20分 UPDATE

ITS世界会議東京2013:トヨタの自動運転はプラチナバンドの車車間通信を活用、2010年代半ばに商品化

トヨタ自動車は、自動運転技術の1つとして、高速道路や自動車専用道路向けの次世代高度運転支援システム「オートメイテッド ハイウェイ ドライビング アシスト(AHDA)」を開発した。2010年代半ばを目標に商品化する予定。AHDAの説明映像も公開されている。

[朴尚洙,MONOist]
トヨタ自動車の自動運転技術「AHDA」

 トヨタ自動車は2013年10月11日、自動運転技術の1つとして、高速道路や自動車専用道路向けの次世代高度運転支援システム「オートメイテッド ハイウェイ ドライビング アシスト(AHDA)」を開発したと発表した。2010年代半ばを目標に商品化する予定。また、ITS(高度道路交通システム)技術の国際会議「第20回ITS世界会議東京」(2013年10月14〜18日、東京ビッグサイト)に出展するとともに、首都高速道路での公道デモンストレーションも実施する。


「AHDA」の動作イメージ 「AHDA」の動作イメージ(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 AHDAは、「通信利用レーダークルーズコントロール」と「レーントレースコントロール」という2つの技術の組み合わせによって実現されている。通信利用レーダークルーズコントロールでは、従来のクルーズコントロール機能に用いられているミリ波レーダーとともに、プラチナバンドと呼ばれる700MHz帯の車車間通信技術を用いて、先行車両の加減速情報などを取得し、加減速を同時に行うなどして車間距離をより精密に制御することができる。不要な加減速も抑制できるので、燃費の向上や渋滞の解消などにも貢献するという。

「通信利用レーダークルーズコントロール」のイメージ 「通信利用レーダークルーズコントロール」のイメージ。ミリ波レーダーと700MHz帯の車車間通信技術を用いて、加減速を同時に行う(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 一方、レーントレースコントロールでは、高性能化した車載カメラやミリ波レーダー、より高度な制御ソフトウェアなどにより、あらかじめ適正な走行ラインを算出する。そして、そのラインに沿って走行するよう、ステアリングと駆動力、制動力を、全車速域で適切に制御する。

sp_131011itswc_toyota_03.jpgsp_131011itswc_toyota_04.jpg 「レーントレースコントロール」のイメージ。車載カメラとミリ波レーダーで先行車両の動きと白線の位置を検知して走行ラインを算出し、自動運転を行う(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.