特集
» 2013年10月18日 09時00分 UPDATE

SCF2013 開催直前情報:超高速・高同期・省配線のEtherCATで統合型PC制御を――ベッコフオートメーション

「超高速・高同期・省配線の統合型PC制御ソリューション」をSCF2013のテーマに掲げるベッコフオートメーション。ブースでは、EtherCATの“生みの親”による統合型PC制御ソリューションが体感できる。

[MONOist]

 2013年11月6〜8日の3日間、産業分野の自動化・制御に関する最新の技術・製品が一堂に集結する「システムコントロールフェア2013(SCF2013)」が開催される。

 SCF2013の開催に先立ち、MONOist FAフォーラムではSCF2013の特設ページを設け、注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを紹介する。

>>「システムコントロールフェア2013特集」

EtherCATの“生みの親”による統合型PC制御ソリューションを体感

 製品の性能/機能アップや開発生産性の向上は製造業が常に課題としているところだ。その解決策として、「超高速・高同期・省配線」や「統合型PC制御」などの特徴を持つEtherCATが注目されている。

 そのEtherCATの“生みの親”であるBeckhoffの日本法人・ベッコフオートメーションは、SCF2013のテーマとして「超高速・高同期・省配線の統合型PC制御ソリューション」を掲げ、EtherCATの特徴を最大限活用した最新のソフトウェアPLC/NC/CNC「TwinCAT 3」によるPC制御を紹介。EtherCATの開発元として、高い柔軟性と拡張性、そして複数の機器をまとめる統合性を持つ機能的なソリューションを提案していく。

photo ソフトウェアPLC/NC/CNC「TwinCAT 3」

 同社ブースでは、産業用PCコントローラをはじめとする各種フィールドバス対応コンパクトI/O、サーボドライブ、サーボモータ、ステッピングモータを含むモーション機器、ソフトウェアPLC/NC/CNCなど、EtherCATの実力を最大限に引き出す豊富な製品ラインアップが展示される。

 マルチコアプロセッサに対応し、画像処理やロボット制御を統合するソフトウェアPLC/NC/CNCのデファクトスタンダードであるTwinCAT 3は、IEC 61131-3 3rd editionのオブジェクト指向拡張に対応し、C/C++でのリアルタイムプログラミングが可能。この注目のマルチランゲージプログラミング環境は、展示の見どころの1つだ。

 ブースでは最新版「TwinCAT 3.1」のワークステーションをはじめ、インテルのCore i7プロセッサ搭載の高速組み込み型PC「CX2000シリーズ」、省配線のワンケーブルテクノロジとコンパクトサーボドライブ、マルチタッチコントロールパネルといった新製品が紹介される他、世界最速サイクルタイム12.5μsをEtherCAT標準製品で実現したデモなど、多数の最新技術が披露される。

photo Core i7搭載の高速組み込み型PC「CX2000シリーズ」

 「最先端の製品デモを通してソフトとハード両面からの機能性向上を体感していただくことで、来場者が抱えるさまざまな課題の解決や新たな製品開発への可能性につなげていきたい。また、EtherCAT Technology Group(ETG)ブースやPLCopenブース、同時開催する『2013国際ロボット展』のORiN協議会ブースにも協賛出展を行う予定」(同社)。

システムコントロールフェア2013(SCF2013)

会期 2013年11月6日(水)〜8日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 東京ビッグサイト
ベッコフオートメーション ブースNo.:S-29


システムコントロールフェア2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.