ニュース
» 2013年10月21日 11時30分 UPDATE

FAニュース:シーメンス、制御セキュリティ対応のPLC「SIMATIC S7-1500 ファミリー」

シーメンス・ジャパンが、外部からの不正アクセスを防ぐ制御セキュリティに対応したPLC「SIMATIC S7-1500 ファミリー」を発表。中/大規模の制御向けコントローラとして、19年ぶりに基本設計を刷新した。

[MONOist]
top_news062.jpg

 シーメンス・ジャパンは2013年10月21日、同社の自動制御製品シリーズ「SIMATIC(ジマティック)S7 コントローラ」の新製品として、外部からの不正アクセスを防ぐ制御セキュリティに対応したPLC「SIMATIC S7-1500 ファミリー」を発表した。同年11月1日から出荷を開始する。

 新製品は、中/大規模の制御向けコントローラとして、19年ぶりに基本設計を刷新したもの。PLC、オペレータパネル、パソコン制御、リモートI/Oで構成され、1つの統合ソフトウェアで全製品のプログラム開発が行える。また安全システムを実現する安全コントローラも用意されている。

photo 制御セキュリティに対応したPLC「SIMATIC S7-1500 ファミリー」

 今回新たに制御セキュリティに対応。以下の5つの機能により、制御セキュリティの多層防御を実現した。

  1. インターネット環境と分離するファイアウォールやVPN機能を内蔵
  2. コントローラへのアクセス権限を4段階まで設定できるアクセスプロテクト
  3. ネットワーク経由でのなりすましによる不正なアクセスを防ぐ機構
  4. 重要な制御プログラムやデータを部分的にパスワードで保護するノウハウプロテクト
  5. 丸ごとコピーした制御プログラムを他のコントローラでは実行させないコピープロテクト

 万が一、コントローラにセキュリティの脆弱性が発見された場合には、設備に組み込まれた状態でもネットワーク経由でコントローラのOSをバージョンアップできる仕組みを搭載した。

 また、制御システムの性能、設計環境、診断機能を強化。その他、表示パネル/ドライブ/ネットワークを統合するコントローラ設計支援ソフトウェア「TIAポータル」によって、システム設計からデバッグ、試運転、メンテナンスの工数の大幅な削減を実現している。

 なお同製品は、同年11月6〜8日に東京ビッグサイトで開催される「システムコントロールフェア 2013(SCF2013)」に出展される予定だという。


システムコントロールフェア2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.