ニュース
» 2013年10月21日 13時25分 UPDATE

「ライフ」の外観と比較:ホンダが「N-WGN」の外観を先行公開、「Nシリーズ」初の自動ブレーキも

ホンダは、2013年11月22日に発売を予定している軽自動車「Nシリーズ」の第4弾モデル「N-WGN(エヌ ワゴン)」の外観とカラーバリエーションを先行公開した。上位グレードとターボエンジン搭載グレードは、Nシリーズで初となる、レーザーレーダーで衝突の回避や被害軽減が可能な運転支援システムを搭載している。

[朴尚洙,MONOist]
新型「N-WGN」

 ホンダは2013年10月21日、同年11月22日の発売を予定している軽自動車「Nシリーズ」の第4弾モデル「N-WGN(エヌ ワゴン)」の外観とカラーバリエーションをWebサイトで先行公開した。

 N-WGNは、第1弾の「N BOX」や第2弾の「N BOX+」、第3弾の「N-ONE」といったNシリーズで培った軽自動車プラットフォームの技術を継承する、全高が1600mm前後のハイトワゴン(トールワゴンとも言う)タイプの軽自動車である。

 N-WGNは、ベーシックモデルに加えて、カスタムモデルの「N-WGN Custom」を用意した。カラーバリエーションは11色。両モデルとも、ベースグレードの「G」、上位グレードの「G・Aパッケージ」、ターボエンジンを搭載する「G・ターボパッケージ」を展開。G・AパッケージとG・ターボパッケージは、新型「フィット」で採用した、レーザーレーダーによる衝突の回避や被害軽減が可能な運転支援システム「シティブレーキアクティブシステム」を搭載する(関連記事:ホンダが自動ブレーキで「時速XXkm以下なら衝突回避」を明言しない理由)。Nシリーズでは初搭載となる。

「N-WGN」(左)と「N-WGN Custom」 「N-WGN」(左)と「N-WGN Custom」(クリックで拡大) 出典:ホンダ

「ライフ」の外観と比較してみると……

 N-WGNは、「Nシリーズ」を展開する以前から販売してきたハイトワゴンタイプの軽自動車「ライフ」の後継になるとも言われている。そこで、N-WGNとライフの外観を並べて見てみよう。

sp_131021honda_02.jpgsp_131021honda_03.jpg 「N-WGN」のベーシックモデル(左)と2008年発売の5代目「ライフ」(クリックで拡大) 出典:ホンダ
sp_131021honda_04.jpgsp_131021honda_05.jpg 「N-WGN Custom」(左)と2010年11月発売の5代目後期型「ライフ」(クリックで拡大) 出典:ホンダ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.