ニュース
» 2013年10月22日 14時05分 UPDATE

ISO26262:イーソルが「eT-Kernel」のISO26262の第三者認証を「ASIL B」で取得へ

イーソルは、リアルタイムOS「eT-Kernel」と統合開発環境「eBinder」について、自動車向け機能安全規格であるISO 26262の第三者認証機関による認証を、ASIL Bで取得すると発表した。

[朴尚洙,MONOist]
「eT-Kernel Platform Automotive Safety Package」の構成

 イーソルは2013年10月22日、リアルタイムOS「eT-Kernel」と統合開発環境「eBinder」について、自動車向け機能安全規格であるISO 26262の第三者認証機関による認証取得を目指した取り組みを始めたと発表した。2014年4〜6月期に、ISO 26262の安全要求レベルを示すASIL(Automotive Safety Integrity Level)でBの認証を取得する予定である。

 認証取得後は、eT-KernelやeBinderなどから構成されるソフトウェアプラットフォーム「eT-Kernel Platform」のユーザー向けに、ドキュメントパッケージ「eT-Kernel Platform Automotive Safety Package」の提供を始める。同パッケージは、eT-Kernel Platformで開発した車載システムについて、自動車メーカーやティア1サプライヤが、ISO 26262の認証を取得する際に必要となる、「セーフティ・マニュアル」や「セーフティ・レポート」といったドキュメントから構成される。特に、eT-Kernelが採用されている、カーナビゲーションシステムなどの車載情報機器について、ISO 26262の認証取得に掛かるコストを大幅に削減できるとしている。

「eT-Kernel Platform Automotive Safety Package」の構成 「eT-Kernel Platform Automotive Safety Package」の構成 出典:イーソル

 ISO 26262のASILは、A〜Dの4段階で分けられている。安全要求レベルとしては、ASIL Aが最も低く、ASIL Dが最も高い。イーソルによれば、「今回取得を目指すのはASIL Bだが、さらに上位レベルの対応が必要とされる場合には、サービス提供で個別に対応していく。また、将来的には、ASIL CやASIL Dの認証取得も検討している」という。

ISO26262−自動車向け機能安全規格−

ISO26262
ISO26262の解説記事と最新情報を集約した特集サイト

>>トップページはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.