特集
» 2013年10月25日 10時00分 UPDATE

ET2013 開催直前情報:“組み込み技術とITの融合”でデータから価値を生み出す――日立ソリューションズ

2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、日立ソリューションズは組み込み技術とITを融合させたソリューションを披露する。

[MONOist]
日立ソリューションズ

 2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(以下、ET2013)」が開催される。

 ET2013の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2013の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 さて本稿では、日立ソリューションズの展示について紹介する。日立ソリューションズは、従来の組み込み技術からの視点をメインにした展示から、今回は“組み込み技術とITを融合”したトータルな視点に立った展示を見せる。

>>3メディア合同「ET2013特集」

組み込み技術とITの融合でデータに新たな価値を

 ET2013における日立ソリューションズのテーマは「組込技術とITの融合が未来を創る」だ。ビッグデータという概念が一般的になり、そのデータソースの1つとして機械やセンサーから生成されるデータが新たなビジネス価値の源泉と考えられるようになった。データから価値を生み出すには、組み込み技術だけでなく、ITと統合された基盤が必要になる。日立ソリューションズの強みは、この組み込み技術とITを有していることであり、ブースではこれらを生かした展示を行う。

組み込みとITの融合 日立ソリューションズが提供する組み込みとITの融合

 出展のメインとなるのは、間もなく発表となるM2M(Machine to Machine)関連の新製品だ。これは、センサーなどから集めたデータを、ゲートウェイを経由してサーバに集約し、分析などの業務システムと連携するまでの一連のシステムを、短期間・安価に実現するM2Mサービス基盤である。ゲートウェイ内で動作するデータ収集エージェントと、クラウドサーバ上でデータの集約・加工・整備を行うIT基盤から構成されており、“組み込み技術とITの融合”を実現する。同社は1つの利用イメージとして、これを農業ビジネスに応用。ET2013の会場では、農業の現場とクラウドセンターをつないで実際に稼働しているシステムと同様の環境を用いたデモを行う。加えて、組み込みデータベース「Entier」の新バージョンや、組み込みソフトウェア開発の品質向上のための新サービスも紹介する。

M2Mサービスの市場 M2Mサービスの市場

 日立ソリューションズでは、より一層、社会基盤を支える役割が求められるようになったエレクトロニクス業界において、「組み込みとITの両方の領域で培った技術を提供すること」を、“社会インフラ企業”を掲げる日立グループの一員としての使命と考えている。今後は、ET2013の展示のような共通基盤だけでなく、個別の分野に特化した応用ソリューション(EV充電器管理クラウド、ITSサービスクラウドなど)の提供も進めていくという。また、組み込みソフトウェアの品質向上に注力する顧客に対しても、要求実現のためのツール製品やサービスを整備・提供していくとのこと。

Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)

会期 2013年11月20日(水)〜22日(金)
時間 10:00〜17:00(21日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
日立ソリューションズ・ブースNo. C-36


ET2013特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.