ニュース
» 2013年10月28日 13時00分 UPDATE

FAニュース:横河電機、プラント向けセンサをフィールド無線に対応させる、アンテナ一体型無線通信機を発表

ISA100 Wirelessに対応し、センサに取り付けることでフィールド無線システムの通信規格ISA100.11aに準拠した無線センサを簡単に開発できる。

[MONOist]

 横河電機は2013年10月22日、プラントで使用される各種センサの開発・製造企業向けに、センサに取り付けるアンテナ一体型無線通信機の提供を12月に開始すると発表した。最初の提供先として新コスモス電機と無線技術に関するライセンス供与契約を締結している。

photo ISA100 Wireless対応アンテナ一体型無線通信機

 アンテナ部と無線回路部が一体となっており、無線通信部からアンテナまでケーブルで延長する必要がない。また、センサインターフェースはプラントで通常使用される制御ケーブルにシリアル信号を通すことが可能。センサメーカーはセンサーに本機を取り付けることで、ISA(国際計測制御学会)が定めるフィールド無線システムの通信規格ISA100.11aに準拠した無線センサを簡単に開発できる。

photo アンテナ一体型無線通信機の構造

 また、世界100カ国以上の電波法と、世界の主要な防爆規格にも対応。これらの認証を改めて取得する必要がないため、開発期間を短縮化できる。

 サイズは直径約23ミリ、長さ約116ミリ、重量100グラムで、防爆型アンテナとしては極めて小型軽量サイズとなる。

photo 小型・軽量を実現

 おもな用途としては、温度、圧力、レベル(液位)、ガス濃度、振動など、プラントでの測定に用いるさまざまなセンサへの搭載を想定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.