特集
» 2013年10月30日 09時00分 UPDATE

ET2013 開催直前情報:IoTの真の価値を示す――インテルの近未来組み込みソリューション

インテルは、「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の真の価値を示すべく、近未来の組み込みソリューションを披露する。

[MONOist]

 2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(以下、ET2013)」が開催される。

 ET2013の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2013の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 さて本稿では、インテルの展示について紹介する。昨年のET2012では、商品化されているものを中心としたデモ展示を行ったインテルだが、今年は、ビッグデータを活用するプラットフォームとしてのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)で変革している組み込み機器と、それらによって実現できる近未来のソリューションを見せるという。

>>3メディア合同「ET2013特集」

近未来の組み込みソリューションを提案するプロトタイプを中心に展示

 インテルが近未来に向けて提案するプロトタイプは、本物のロボットアームを使った障害予知のデモ、産業機器向けワークロード・コンソリデーション、コンテンツ制作/配信/セットトップボックスを含む4K映像のトータルソリューションなどと盛りだくさんだ。ET2013では、これらのソリューションについて、先進的な企業が集まるET2013の参加者からの意見を集めたいという。もちろん「インテルQuark SoC X1000」「インテルAtomプロセッサーE3800ファミリー」など、インテルのCPUのフルラインアップも展示する。

 インテルは、「IoTは歩数計からCTスキャナーまで、インターネットに接続されたさまざまな端末が含まれる。しかし、IoTの真の価値は、これらのインテリジェント端末がお互いにクラウド上で通信しデータを共有することで、ビジネス変革のための貴重な情報を提供するところにある」と考えている。同社は、このIoTが作り出す環境を安全で管理可能なものにするため、端末のインテリジェンスの向上に注力するとともに、既存の数十億台の端末をインターネットに接続することをサポートするとしている。

ブースイメージ インテルのブースイメージ 出典:インテル

Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)

会期 2013年11月20日(水)〜22日(金)
時間 10:00〜17:00(21日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
インテル・ブースNo. A-1


ET2013特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

Intel | ET2013 | Internet of Things | Embedded Technology


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.