ニュース
» 2013年11月05日 13時35分 UPDATE

東京モーターショー2013:レクサスは“見る者を魅了する”スポーツクーペを公開、小型SUVはターボを搭載

トヨタ自動車は、「第43回東京モーターショー2013」において、高級車ブランド「レクサス」からスポーツクーペ「LEXUS RC」とコンパクトクロスオーバーSUV「LEXUS LF-NX」を出展する。LEXUS RCは、「見る者を一目で魅了するスタイリング」(同社)だという。

[朴尚洙,MONOist]
「LEXUS RC」の外観

 トヨタ自動車は2013年11月5日、「第43回東京モーターショー2013」(2013年11月20日〜12月1日、東京ビッグサイト)において、高級車ブランド「レクサス」からスポーツクーペ「LEXUS RC」とコンパクトクロスオーバーSUV「LEXUS LF-NX」を出展すると発表した。

 LEXUS RCは、レクサスブランドの“走り”のイメージをけん引するスポーツクーペとして開発された。スポーティーでダイナミックなサイドシルエットや、踏ん張り感を強調したホイールフレアなど、低く構えたワイドスタンスを生かした、「見る者を一目で魅了するスタイリング」(同社)を特徴としている。外形寸法は全長4695×全幅1840×全高1395mm、ホイールベースは2730mm。

 「LEXUS LFA」や「LEXUS LF-LC」など、レクサスブランドのスポーツカーの意匠をモチーフとしたヘッドランプやL字型を強調したリヤコンビネーションランプなどを、レクサス独自のデザイン要素として採用し、個性を際立たせたという。コックピットは、車両とドライバーの一体感を感じさせるため、水平基調のインストルメントパネルや表皮一体発泡シートを採用した。パワートレインは、排気量3.5lのガソリンエンジンと排気量2.5lのガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2種類を用意している。

sp_131105lexus_01.jpgsp_131105lexus_02.jpgsp_131105lexus_03.jpg 「LEXUS RC」の外観とインテリア。左側の写真では、渋谷の道玄坂下を疾走中(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 LEXUS LF-NXは、「凝縮感」と「切れ味」をテーマに、引き締まったボディと張り出したタイヤのコントラストで、SUVの力強さと俊敏な走りを表現したコンパクトクロスオーバーSUVのコンセプトモデル。2013年9月開催の「フランクフルトモーターショー2013」で初公開された。外形寸法は全長4640×全幅1870×全高1620mm、ホイールベースは2700mmである。

 今回の東京モーターショー2013では、新開発の排気量2.0lターボチャージャー付きエンジン搭載モデルを披露する。低い構えを表現するフロントアンダースポイラーをはじめ、ターボエンジンモデルならではのスポーティな走りを予感させるデザイン要素を新たに採用した。

sp_131105lexus_04.jpgsp_131105lexus_05.jpgsp_131105lexus_06.jpg 「LEXUS LF-NX」ターボエンジンモデルの外観とインテリア(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.