ニュース
» 2013年11月06日 07時30分 UPDATE

FAニュース:安川電機、小型化したパラレルリンクロボットおよびピッキング用新アプリケーションを発売

高さ25mm、幅305mmの往復動作時、1kg可搬重量設定で毎分230回、3kg可搬重量設定で毎分150回とクラス最高速の搬送能力、複数個取り用ハンドも取り付け可能。アプリケーションはシステム稼働中にロボットとPCの接続が不要になっている。

[MONOist]

 安川電機は2013年10月29日、パラレルリンク機構を採用した小型ロボット「MOTOMAN-MPP3S」およびピッキング用新アプリケーション「MOTOPICK」を発売すると発表した。MOTOMAN-MPP3Sは同年11月21日、MOTOPICKは同年12月20日から販売する。価格はいずれもオープン。

 MOTOMAN-MPP3Sは、主に食品・薬品・化粧品などの小物製品分野における搬送・整列・箱詰に使用する搬送ロボット。同社従来製品に比べて小型化しながら、高さ25mm、幅305mmの往復動作時、1kg可搬重量設定で毎分230回、3kg可搬重量設定で毎分150回とクラス最高速の搬送が可能だ。

 また、先端軸(T軸)の許容慣性モーメント値を高めることで、高イナーシャが掛かる複数個取り用ハンドの取り付けが可能。マニピュレータ中心に80mm径の中空穴を設け、配管、配線作業も容易になっている。

photo MOTOMAN-MPP3S

 さらに、自在ジョイント部には日本食品衛生法認証の自己潤滑樹脂を採用。グリスレスを実現したことで、より安全・衛生な環境を構築しやすくなった。

 一方、実際にロボットが行う搬送作業のプログラムを設定、編集するための機能であるMOTOPICKでは、稼働時のPCレス化を実現。従来はPCで行っていた処理をロボットコントローラ内で行えるようになった。取りこぼし防止機能、品種混在対応機能、コンベヤ速度制御機能などの新機能も追加されたことに加え、将来的にはオープン化によりユーザー自身が機能を追加できるようになる。

 なお、2013年11月6日から9日まで東京ビッグサイトで開催される国際ロボット展において、MOTOMAN-MPP3Sを展示する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.