ニュース
» 2013年11月07日 17時07分 UPDATE

効率的な開発/技術選定に:IPベンダーとセットメーカーの橋渡し――富士ソフト、組み込み技術者向けポータル開設

富士ソフトが、組み込み機器開発に必要な情報を集約した組み込み技術者向けポータル「Embedded IP Community」を開設したと発表。開発スピードや技術の高度化が求められている組み込み開発において、IPベンダーとセットメーカーの橋渡し的役割を狙う。

[西坂真人,MONOist]
富士ソフト

 富士ソフトは2013年11月7日、組み込み機器開発に必要な情報を集約した組み込み技術者向けポータル「Embedded IP Community(エンベデッド アイピー コミュニティ)」を開設したと発表した。

 Embedded IP Communityは、ミドルウェア/OS/ドライバ/ハードウェアIP/デバイスなど組み込み機器開発に必要な製品情報の他、それら製品を利用する際に関係する販売代理店、実績のあるシステムインテグレーターなどの情報を集約。製品検索や機能比較、適合情報などが閲覧できる他、その技術の導入実績、その技術をサポートできる代理店といった高度な情報がポータル内で簡単に調べることができるという。

photo Embedded IP Communityの概要

 「モノづくり技術の進歩が目覚しい近年、これまで以上の開発スピードや技術の高度化が求められている。組み込み関連業界では、効率的な開発と最適な技術選定のための情報活用や、企業間コミュニケーションの潤滑化が課題となっていた。組み込み関連の情報を統合的に集約/提供するEmbedded IP Communityを通じて、情報の活用と企業間の情報連携を支援していく」(同社)。

 Embedded IP Communityの主な機能は以下の通り。

  • 最新情報のニュース表示
  • 製品情報検索・比較
  • 製品の適合情報
  • 製品の導入実績・関連情報
  • 掲載企業へのクイックコンタクト/一括問い合せ
  • Facebook、Google+との連携

photo Embedded IP Communityの画面

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.