ニュース
» 2013年11月08日 07時30分 UPDATE

FAニュース:コンテック、5GHz帯と2.4GHz帯を同時接続できる無線LANアクセスポイント「FXA1200」発売

802.11n/aと802.11n/b/gの同時接続ができるデュアルバンド対応無線LANアクセスポイント。PoE給電にも対応し、工場や物流倉庫などで利用できる。

[MONOist]

 コンテックは2013年10月30日、IEEE802.11n/aとIEEE802.11n/b/gの無線LAN機器を同時接続可能なアクセスポイント「FXA1200」を開発した。2013年11月より出荷を開始すると発表した。

 新製品は、法人向け無線LAN「FLEXLAN 1000」シリーズの「FXA1100」の後継製品で、5GHz帯のIEEE802.11n/a対応機器と2.4GHz帯のIEEE802.11n/b/g対応機器とを同時接続できるデュアルバンド対応機種。2.4GHz帯の既存ワイヤレス・ネットワーク環境を維持しながら、5GHz帯へスムーズに移行できる。このため、1台で5GHz帯をデータ通信用、2.4GHz帯をIPセントレックス/PDA/タブレットPC用に使用するといった使い方ができる。

 気象レーダや船舶レーダを検知した際の移動先チャネルを指定できるスマートDFS機能や、ルーターを越えたローミング先でもネットワーク設定を変更せずに通信が可能なIPトンネル機能のほか、QoS機能、仮想AP機能などを搭載している。ACアダプターの他、PoE給電方式にも対応する。価格はオープン。

photo 「FXA1200」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.