ニュース
» 2013年11月08日 15時00分 UPDATE

SCF2013:“位置決めの新たな世界”を提案するモーター技術

オリエンタルモーターは「システム コントロール フェア2013」で、位置決め機能内蔵の制御モーターユニット「FLEX対応シリーズ」や機械式アブソリュートエンコーダ搭載モーターなど新技術の提案を通じて“位置決めの新たな世界”を紹介した。

[西坂真人,MONOist]
photo

 オリエンタルモーターは、「システム コントロール フェア(SCF) 2013」(2013年11月6日〜8日、東京ビッグサイト)で、位置決め機能内蔵の制御モーターユニット「FLEX対応シリーズ」や機械式アブソリュートエンコーダ搭載モーターをデモンストレーションを交えながら紹介していた。

 FLEXは、ドライバ1台でI/O制御やModbus(RTU)制御、ネットワークコンバータ経由でのFAネットワーク制御に対応した制御モーター製品シリーズ。ドライバに位置決め機能(位置・速度データ保持機能)を内蔵しているのでPLC側での位置決めユニットが不要となり、配線が多くなりがちな制御モーターシステムの構成自由度が高まるのが特徴だ。

 「I/O、タッチパネル、シリアル通信、FAネットワークと、上位システムを問わずに制御できる。ユーザー側が各社のさまざまな上位システムを使っていても、FLEX製品ならフレキシブルに対応可能。コストダウンとともに制御の簡素化にもつながる」(同社)。

 ブースでは、パルス列制御、I/O制御、Modbus(RTU)制御、FAネットワーク制御などさまざまな上位システムに対して柔軟に対応するFLEXシリーズの幅広いラインアップを、ステッピングモーターの回転を制御するデモンストレーションで紹介していた。

photo さまざまな上位システムにフレキシブルに対応するFLEXシリーズのデモ

 もう1つの注目展示は、クローズドループステッピングモーターユニット「αSTEP AZシリーズ」だ。同社独自開発の機械式多回転アブソリュートセンサ「ABZO(アブゾー)センサ」をモーターに搭載。原点復帰時間を短縮し、外部センサを使わないモーションコントロールを実現するという。

「ABZOセンサがモーターの現在位置を機械的に記憶している。外部センサ無しで素早い原点復帰ができるアブソリュート方式ながら、位置情報を記憶するためのバッテリーを不要にした。時計機構のような歯車を使ったメカニカルな仕組みで絶対位置が検出・記憶できる。メンテナンス不要で設置の制約がなくなる他、長期間の位置情報保持が行えるなどのメリットがある」(同社)。

photo ブースではAZシリーズを使ったアブソリュートシステムによる位置決め(左)と、一般的なステッピングモーターを使ったインクリメンタルシステムによる位置決め(右)の動作デモを実施。動力を遮断して緊急停止させた後、原点復帰まで時間がかかるインクリメンタルシステムと比べて、AZシリーズは瞬時に原点復帰してすぐに通常運転に戻る様子が紹介されていた

システムコントロールフェア2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.