特集
» 2013年11月11日 16時30分 UPDATE

ET2013 開催直前情報:「仮想化OSテクノロジー」で組み込みソフトの品質向上を提案するADaC

2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)は組み込みソフトウェアの品質を向上するソリューションを提案する。

[MONOist]
ADaCの仮想化OSテクノロジー

 2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(以下、ET2013)」が開催される。

 ET2013の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2013の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 さて本稿では、アドバンスド・データ・コントロールズ(以下、ADaC)の展示について紹介する。近年、組み込みソフトウェアの開発現場では、開発規模が増大する一方で、セキュリティ強化や開発期間の短縮、コスト削減、安全規格への対応に加えて品質が課題となっている。ADaCは品質につながる「安全性」「信頼性」「機能性」について、「機能安全」「セキュリティ」「パフォーマンス」の視点から、リアルタイムOSや統合開発環境を中心とした品質向上ソリューションを提案する。

>>3メディア合同「ET2013特集」

世界最高レベルのセキュリティを実証したリアルタイムOS

 ADaCのET2013の展示テーマは「組込みソフトウェア開発の品質向上」だ。機能安全や仮想化によるセキュリティの対応をはじめとして、組み込みソフトウェア開発における品質向上を可能にする「リアルタイムOS」「組み込みソフトウェア開発環境」「車載ネットワーク解析ツール」をデモで展示する。

sp_131111et2013_adac_01.jpg リアルタイムOS「INTEGRITY」のロゴ

 これらのうちリアルタイムOSに関しては、世界最高レベルのセキュリティを実証(EAL6+を認証取得済)した、Green Hills Software製の高信頼性リアルタイムOS「INTEGRITY」の管理下で、既存のOSやアプリケーションを動作させるセキュアで安全な仮想化OSテクノロジーについて、車載システムやスマートフォン、タブレット端末などへの実用例を交えて紹介する。特に車載システムは同社がもっとも力を入れている分野で、車載情報機器(IVI:In-Vehicle Infotainment)や先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance System)をターゲットとするINTEGRITYを含めたソリューションは必見だ。

sp_131111et2013_adac_02.gif 仮想化OSテクノロジーの車載システムへの実装イメージ

 ADaCではGreen Hills Softwareのテクニカルパートナーとして、INTEGRITYと、高性能で使い勝手のよい統合開発環境「MULTI」を中心として、今後はさらなる機能向上や新規プロセッサの迅速なサポート、各産業分野におけるグローバルな要求事項や標準規格への対応を拡充していくとしている。

Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)

会期 2013年11月20日(水)〜22日(金)
時間 10:00〜17:00(21日(木)のみ18:00終了)
会場 パシフィコ横浜
アドバンスド・データ・コントロールズ・ブースNo. A-03


ET2013特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.