ニュース
» 2013年11月13日 15時00分 UPDATE

電気自動車:「BMW i3」の国内販売モデル、急速充電機能はCHAdeMO方式で対応

BMWの電気自動車(EV)「BMW i3」の国内販売モデルは、急速充電機能について、ドイツ仕様のCombined Charging System(コンボ)方式に替えてCHAdeMO方式を採用している。

[朴尚洙,MONOist]
「BMW i3」

 BMWの日本法人ビ・エム・ダブリューは2013年11月13日、東京都内で記者会見を開き、電気自動車(EV)「BMW i3」とプラグインハイブリッドタイプのスポーツカー「BMW i8」の国内販売モデルについて予約受付を始めると発表した。納車時期は、BMW i3が2014年4月5日から、BMW i8が2014年夏以降になる見通し。

 両車とも納車時期が2014年4月以降となるため、消費税を8%として税込みの希望小売価格を発表している。BMW i3については、リチウムイオン電池パックが満充電状態から130〜160km走行できるベースモデルが499万円、走行距離を約300kmまで伸ばせる排気量647ccのレンジエクステンダー用エンジンを搭載するモデルは546万円。BMW i8は1917万円となっている。

「BMW i3」(右)と「BMW i8」 「BMW i3」(右)と「BMW i8」 (クリックで拡大)

 なお、EVやプラグインハイブリッド車を購入する際に政府から得られる「クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金(CEV補助金)」については、納車時期までに購入者が申請できるように準備を進めているという。

普通充電コネクタはボンネットの中

 BMW i3は2013年7月末に、ニューヨークやロンドンなどで開いた世界初公開イベントで詳細が発表されている(関連記事:BMWの電気自動車「i3」は軽量化を突き詰めたクルマだった!)。

 ドイツ本国仕様のBMW i3は、急速充電方式として欧米で推進されている「Combined Charging System(コンボ)」を採用。30分で電池パックの容量の80%まで充電できるとしていた。日本仕様のBMW i3の急速充電機能は、コンボに替えてCHAdeMO方式を用いている。30分で電池パックの容量の80%まで充電できる点は同じだ。

sp_131113bmw_02.jpgsp_131113bmw_03.jpg 左側の写真は日本仕様の「BMW i3」の急速充電コネクタ。CHAdeMO方式を採用している。右側の写真は、コンボ方式を採用したドイツ仕様車の急速充電コネクタである(クリックで拡大) 出典:BMW

 急速充電コネクタは、車両の右後側方に設置されている。一方、家庭用などの交流電源を用いる普通充電コネクタは、通常の内燃機関車のエンジンルームに当たる、ボンネット下にある車両前部の荷室内に設置されていた。BMW i3の走行モーターとインバータは、車両後部に組み込まれており、車両前部のスペースに余裕があるからだ。

普通充電コネクタはボンネット下にある車両前部の荷室内に設置されている 赤色の線で囲んで示している普通充電コネクタは、ボンネット下にある車両前部の荷室内に設置されている(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.