ニュース
» 2013年11月14日 12時00分 UPDATE

SCF2013:日本から海外工場を制御、三菱電機システムサービスの遠隔監視・制御システム

三菱電機システムサービスはSCF2013で、遠隔監視・制御システム「SA1-III」を中心に出展。離れた会場にある2013国際ロボット展の三菱電機ブースと結び、リアルタイムで遠隔監視や制御ができるデモを行った。

[三島一孝,MONOist]
三菱電機システムサービス

 三菱電機システムサービスは、「システム コントロール フェア(SCF) 2013」(2013年11月6日〜8日、東京ビッグサイト)で、遠隔監視・制御システム「SA1-III」を中心に出展。遠隔地の工場のFA機器の稼働状況を簡単に確認できることを示すため、同展示会の離れたブースである三菱電機ブースや、別会場の2013国際ロボット展の三菱電機ブースと結び、リアルタイムで遠隔監視や制御ができるデモを行った。



 三菱電機システムサービスでは、従来のSCFでは三菱電機ブース内で出展していたが、今回は遠隔監視・制御システムのデモなどを行うために初めて単独ブースで出展した。三菱電機システムサービス 産業システムセンター長の真島和紀氏は「SCFの三菱電機システムサービスブースと三菱電機ブース、別会場の国際ロボット展三菱電機ブースの3カ所をリアルタイムで結ぶことで、遠隔監視・制御システムの価値を分かりやすく訴える狙いだ」と話している。

ブースロボット展 ブースでの国際ロボット展三菱電機ブースの機器のモニタリングの様子(左)と実際の国際ロボット展での監視の様子(右)。機器の情報と映像による監視(赤丸がカメラ)を組み合わせることで、問題発生時の問題発生箇所などの把握が容易に(クリックで拡大)

 同社の遠隔監視・制御システムであるSA1-IIIは、40種類以上にも及ぶ豊富な監視・制御機能を備えている。遠隔地においても機器のモニタリングや映像監視が行えるだけでなく、位置ずれ時の設定変更などを遠隔操作で行えることなどが特徴だ。また別のセンサーデータと組み合わせることで、機器だけでなく工場全体の業務効率向上につなげることも可能だという。

 真島氏は「監視だけでなく直接制御できることが強み。成長著しい新興国などで新たな生産拠点を設けるケースなども増えている。新たな工場の立ち上げやフレキシブルな調整には現地従業員のレベルアップなどさまざまなことが必要になるが、遠隔監視・制御システムはこれらの負担の一部を軽減する効果がある」と話している。

モニタリング 本社でのモニタリングを想定した画面。問題発生時にどこで問題が発生したのか一目で分かる(クリックで拡大)
システムコントロールフェア2013特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.