ニュース
» 2013年11月18日 14時40分 UPDATE

東京モーターショー2013:パイオニアがルームミラー型テレマティクス端末を開発中、ドコモブースで披露

パイオニアは、「第43回東京モーターショー2013」の併催イベント「SMART MOBILITY CITY 2013」に出展するNTTドコモのブースで、開発中のルームミラー型テレマティクス端末を披露する。

[朴尚洙,MONOist]
「つながるクルマ」を支えるパイオニアのエレクトロニクス商品群

 パイオニアは、「第43回東京モーターショー2013」(2013年11月20日〜12月1日、東京ビッグサイト)の併催イベント「SMART MOBILITY CITY 2013」に出展するNTTドコモのブースで、開発中のルームミラー型テレマティクス端末を披露する。

 NTTドコモとパイオニアは2013年11月14日、東京都内で会見を開き、渋滞情報や周辺情報など運転中に便利な情報を音声操作で入手できる無料のドライブ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を発表した(関連記事:ドコモとパイオニア、無料のカーライフ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を発表)。

 会見に登壇したパイオニア社長の小谷進氏は、通信ネットワークの進化とクラウドサービスの普及によって「つながるクルマ」を前提とした新たな事業機会が拡大しており、同社の主力製品であるカーナビゲーションシステムなどの車載情報機器市場が変革期にあると説明。ヘッドアップディスプレイ「AR HUD」の導入や(関連記事:なぜ映像が浮かび上がるの? 近未来のカーナビが登場した)、ドコモ ドライブネットインフォのプラットフォームとなる「モバイルテレマティクスセンター」の構築などによって対応を進めているという。そういった取り組みの1つとして明らかにしたのが、開発中のルームミラー型テレマティクス端末である。

sp_131118tms_pioneer_01.jpgsp_131118tms_pioneer_02.jpg パイオニアの小谷進氏(左)と「つながるクルマ」を支えるパイオニアのエレクトロニクス商品群。「AR HUD」や「ドコモ ドライブネットインフォ」を表示するスマートフォン/タブレット端末に加えて、ルームミラー型テレマティクス端末を開発中である(クリックで拡大) 出典:パイオニア

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.