ニュース
» 2013年11月18日 22時50分 UPDATE

東京モーターショー2013:レクサスが「RC」とターボ版「LF-NX」を公開、CMの小型クワッドローターも登場

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は、「東京モーターショー2013」の前夜祭イベント「Amazing Night for 43rd Tokyo Motor Show2013」を開き、スポーツクーペ「LEXUS RC」とコンパクトクロスオーバーSUV「LEXUS LF-NX」のターボチャージャーモデルを初披露。2013年11月から放映されているCMに登場する小型クワッドローターも紹介した。

[朴尚洙,MONOist]
スポーツクーペ「LEXUS RC」

 トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は2013年11月18日、両国国技館(東京都墨田区)において「Amazing Night for 43rd Tokyo Motor Show2013」を開催した。同イベントは、その名の通り「第43回東京モーターショー2013」(2013年11月20日〜12月1日、東京ビッグサイト)の前夜祭に位置付けられており、東京モーターショー2013に出展するスポーツクーペ「LEXUS RC」と、コンパクトクロスオーバーSUV「LEXUS LF-NX」のターボチャージャーモデルが初披露された(関連記事:レクサスは“見る者を魅了する”スポーツクーペを公開、小型SUVはターボを搭載)。

sp_131118tms_lexus_01.jpgsp_131118tms_lexus_02.jpg 「Amazing Night for 43rd Tokyo Motor Show2013」で披露されたスポーツクーペ「LEXUS RC」(クリックで拡大)
sp_131118tms_lexus_03.jpgsp_131118tms_lexus_04.jpg コンパクトクロスオーバーSUV「LEXUS LF-NX」のターボチャージャーモデル(クリックで拡大)
Lexus InternationalのMark Templin氏 Lexus InternationalのMark Templin氏

 レクサスブランドのグローバル展開を統括するLexus InternationalエグゼクティブバイスプレジデントのMark Templin氏は、「25年目を迎えたレクサスはデザイン重視の姿勢を強めている。デザインは言葉の壁を超えて感じられるものだからだ。2013年末までに、全てのレクサス車のフロントフェイスに、ブランドの象徴となる『スピンドルグリル』が入ることになる」と語った。

小型クワッドローター「QR1」

 Templin氏は、レクサスブランドのキャッチコピー「Amazing in Motion」をテーマに2013年11月から放映されているCMと、同CMに登場する小型クワッドローター「QR1」も紹介した。CMでは、多数のQR1が1つの群体のように動き回ることから、タイトルは「SWARM(群れ)」と名付けられている。

 QR1は、レクサスの象徴であるスピンドルグリルやLEDヘッドランプに、500台限定で販売した「LFA」のイメージを取り入れたデザインとなっている。開発を担当したのは、米国のロボット開発ベンチャー・KMel Roboticsである。

お休み中の「QR1」 イベント内の飛行デモで疲れたためかお休み中の「QR1」(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.